んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 04日

事実を読み取る訓練

「漁民に暴力行使とは…」憤怒するネチズン(中央日報)
> 韓国人船員が日本巡視艇の保安官から暴行を受けたことが伝えられ、日本側の過剰な鎮圧行為が
> サイバー空間で論議となっている。 一方で「暴力を行使したのは誤り」と日本側を叱責している半面、
> 「韓国漁船にも責任がある」という意見もある。
>
> あるポータルサイトのID「sjh270」は「日本水域で不法操業をしたからといって、非武装の漁民に武力
> を行使したのは過剰鎮圧だ」とし、「先日、中国漁民から暴行を受けたが、今度は日本にも殴られた」
> と同情を表した。
>
> ID「minae」は、「漁船は日本側EEZを侵犯しなかった。確実な証拠もなく漁船を追撃した」とし、「たと
> え不法に操業したとしても、船主が韓国人であるだけに、刑事管轄権はわれわれにある」と主張した。
>
> 一方、反日感情に流されず理性的に対応すべきだと注文する声も多かった。 ID「clubgi」は、「日本漁
> 船が韓国海域に入ったとすれば、韓国海上警察も当然、日本漁船に停船を命令しながら追撃するは
> ず」とし、「相手が反抗すれば、物理的衝突も避けられないだろう」と主張した。

少なくともネットで積極的に韓国・北朝鮮ネタについて調べたり免疫のある人には不要でしょうが、そうではない方々に対しては、新聞やテレビで報道される韓国・北朝鮮側の主張を元にして「事実を読み取る訓練」を推奨したらどうかと思う。
あるいは、「朝鮮半島関連ニュース限定の読解力テスト」みたいなモノを作って、日本人のメディアリテラシー力の向上を図ってはどうか。

例えばこの記事でも、「非武装の漁民に武力を行使した」という短い文章から、「制止を振り切り逃走しようとする韓国漁船の船員に対して日本の海上保安員が実力行使せざるを得なかった」というのを読み取れるかどうか。
韓国側には、日本の警察による警備活動を軍隊の武力と同じモノだと意図的に捏造報道し、またそう理解しようとする習性があるので、そこさえ理解できていれば、この程度の低難度の問題は楽勝で解けますよね。
そういったテストがもしあったとしたら、日本人の何割くらいが合格、あるいは不合格するのか、ちょっと興味があります。

それと、この記事の最後の意見にもあるように、まともと言っていい意見もあるはずなんですよね。
私はここで何度も言ってますが、まともに話の出来る韓国人もいるはずなんです。
たとえ今は意見が違っていても、まずは同じテーブルでお互いを尊重して意見の交換が出来ればいいと思うんです。
国としてはダメでも、日本にとって本当の意味で友好的な付き合いの出来る韓国人がいたとしたら、私達はその人たちといい関係を築いていくべきだと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-04 22:14 | 朝鮮


<< 韓国の韓国による韓国のための日...      面倒でもちゃんとやりましょう >>