んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 03日

内乱への序章か・・・?

中国・青海省で数千人衝突か 米政府系放送局(産経新聞)
>  米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は2日、中国青海省玉樹チベット族自治州
> で先月20日から21日にかけ地元当局の不正に怒ったチベット住民数千人が治
> 安当局と衝突、政府庁舎が焼かれるなどしたと伝えた。発砲もあったが、死傷者
> の有無などは不明としている。

あまりコメントできる時間が無くて申し訳ないんですが・・・どうしてもこのニュースだけは取り上げたかったので・・・

中国国内でも、特にチベット関連の地域は反乱の機運が高いと思います。
実際、中共政府は対チベット政策でムチャしてますから、逆にどうしても押さえ込んでおきたいはずです。
そういう意味で、これは見逃せない事件でしょう。

ちなみに、米政府系放送局って初めて聞いたんだけど、そんなのがあるんだ。
なんか、アメリカの諜報部員が関わっていそうな気配だなぁ。(スパイ映画の見過ぎ?w)
[PR]

by k_milliard | 2005-06-03 12:56 | ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1988905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろん at 2005-06-03 21:03 x
>スパイ映画の見過ぎ?w

ムフフ。。 見すぎ。
「ラジオ自由アジア」 私も知りませんが、やっぱ諜報性は帯びてるんでしょうねぇ。  たぶん。。

にしても、中国も大変ですね。
殆どの隣接国、周辺国とは問題や遺恨を抱えていますし、内国(現状において実効統治していて中国共産党が『領土』と称している地域w)でも問題山積ですなぁ。聞けば、唯一の同盟国かもしれない北朝鮮でさえも中国への警戒感は相当強いそうですからねぇ。
経済成長が中共支配継続の絶対条件という事を考えれば、他国との揉め事は起こせず、お人好しの日本しか捌け口が見つからない状態。
最近なんか韓国とか言う国が擦り寄っているみたいですが、元々、漢民族はこの民族を見下していますからねぇ。虚栄心の強い韓国の事、いつ両者で「見下し合い」が始まるかもしれないしw

そう言えば、中国はジンギスカンは中国人でモンゴルは中国の一地方政府だったとか言い出してるらしいですね。去年は似たような事で韓国と揉めてましたね。領土保全策なんでしょうが。。。いやぁ。大変ですねww
中国人に告ぐ。ね?日本はいい国でしょ(はーと) 
Commented by k_milliard at 2005-06-04 12:18
ろん さん、こんにちは~
今、ほんとに中国が熱いですね。
しかし、領土拡大の思考はこれからも続いていくんでしょうねぇ。
周りの国が大変だな。
ご指摘のように、中国にとって日本は良いお客さんだと思うんですけど、同時に恐喝まがいのコトもしてくる。
いい加減、日本も気づけばいいものを、ずっとネギカモ状態なのが情けないですが・・・
日本政府も政府だけど、経済界のスケベ根性にも辟易とさせられますね。
そろそろ中国から撤退しておかないと、大きな打撃を受けることになると思うんだけど・・・
Commented by RR at 2005-06-04 16:04 x
管理人さん、こんにちは。
中国はいずれ崩壊を免れない危険な状態が続いていますが、チベットが発火点になることは十分に考えられますね。経済発展という甘い飴を舐めさせて抑え込んできましたが、中国人の、チベットの人に対する意識が変わらない以上不正は無くならないし、また意識改革はほとんど不可能といってもいいでしょうね。(中国が全力で取り組めば決して不可能ではないと思いますが、そうするにはあまりにも、他に取り組まなければならない問題は多すぎますし、時間を無駄にしすぎました)
日本が今なすべきことは、中国の大混乱に備え、インドやブラジルなど、これから安定成長する地域へ企業の主軸を移すよう、あくまでも「逃避」というそぶりを見せないようにゆるゆると、政策を転換する事でしょうかね。
Commented by k_milliard at 2005-06-04 21:15
RR さん、こんにちは~
> 中国の大混乱に備え、インドやブラジルなど、これから安定成長する地域へ企業の主軸を移す
仰るとおりですね。
見切っている企業は既にその方向で動いているようですが、まだまだノセられて中国に進出しようとしている企業も後を絶たないみたいですね。


<< 耐えられないモノ      かくして事実が捻じ曲げられる >>