んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 27日

政治利用するな

フィリピンに旧日本兵2人が生存?(日刊スポーツ)
>  フィリピン南部ミンダナオ島に旧日本兵2人が生存しているとの情報があり、マニラの日本大使館員が27日、同島を
> 訪れ、ジェネラルサントス市のホテルで面会する。日本政府筋が26日、明らかにした。

この件については詳細が不明なのでコメントは出来ないのだけど、小野田さんといい横井さんといい、戦後数十年以上経って救出された元日本兵の方々のことを思うと胸が熱くなる。
彼ら元日本兵のことを政治利用してはいけない。
近隣諸国が何を言っているのかは知らないが、もう戦争は60年前に終わったんだ。
日本は負けて焼け野原になり、頭の中はすっかりアメリカに洗脳されて、今では中国・北朝鮮・韓国の言いなりだ。
もういいだろう、これ以上戦争の犠牲者を出さないでくれ。
日本の戦争を美化するなと言う奴がいるけど、逆に私は、もうこれ以上日本のために命がけで戦った人のことを貶めるようなことはしないでくれ、と言いたい。
近隣諸国が言う分にはまだいい。
同じ日本人が日本人を虐待するようなことだけは止めて欲しい。
そう願う。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-27 02:14 | ニュース | Trackback(7) | Comments(6)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1968651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 溶解する日本@Webry.. at 2005-05-27 22:21
タイトル : ミンダナオの残存将兵
「旧日本兵2人 比で生存」ミンダナオ島 引き揚げできず山岳にさらに数人の情報も 保護、帰国を熱望 【マニラ=鈴木裕一、大地山隆】フィリピン・ミンダナオ島で、旧日本兵とみられる男性二人が現地当局に保護され、帰国を希望していることが二十六日、分かった。二人は、山岳地帯で終戦を迎えたため引き揚げに間に合わず、そのまま現地で生活していたとみられ、ほかに数人が保護を希望しているという。日本大使館員が二十七日に二人と会い、身元が確認されれば帰国のための手続きを行う。旧日本兵の帰国は、実現すれば小野田寛...... more
Tracked from Y's WebSite.. at 2005-05-28 00:40
タイトル : 山岳地帯で60年〜ミンダナオ島に旧日本兵が〜
なんと、山岳地帯60年も・・・。 終戦を迎えたときに引き揚げに間に合わず、そのまま60年もの間、現地で生活していたとみられる旧日本兵の男性2人が、フィリピン南部のミンダナオ島で生存していることが明らかになりました。2人は現地で保護され、帰国を希望しているとのこ... more
Tracked from あさひ素材 社長雑記 at 2005-05-28 01:02
タイトル : もうすぐ〜おかえりなさい
フィリピンの山中に、日本兵の生存者が数十名いるというニュースが報じられました。 終戦から六十年。 モロ族 という原住民に保護されて暮らして来たとの事です。 ... more
Tracked from シドニーで国際人になろう.. at 2005-05-28 06:36
タイトル : 母国日本へ暖かく迎えたい
フィリピン・ミンダナオ島で残留されていた帰国を望む日本兵のニュースについて かなり話題になっているようですから、今更特別説明の必要はないでしょう。 読売の社説:元日本兵 戦後60年『奇跡の生還』ニュース 平穏に暮らしてきた僕らの想像を超えるであろう、60年... more
Tracked from 雨ニモマケズ 風ニモマケ.. at 2005-05-28 10:05
タイトル : 戦争の爪あと
フィリピンで旧日本兵の生存が確認されたと言うニュースが流れている。 「へぇ、まだそういうこともあるんだぁ。」 と簡単に思っていたが、よくよく考えると・・・... more
Tracked from avalon◆keiko.. at 2005-05-28 21:46
タイトル : 元日本兵との面談持ち越しに…報道陣殺到を嫌う
元日本兵との面談持ち越しに…報道陣殺到を嫌う 面談場所のホテルに約30人の報道陣が集まったのを、2人が嫌ったためだという。  面談は当初、27日昼過ぎに予定されていたが、昼前に仲介の男性から、「メディアが騒いでいるようだが2人は老人なので様子を見た... more
Tracked from 1喝たぬき at 2005-05-30 18:53
タイトル : 小野田寛郎氏
NHK HVで、5月24日に小野田寛郎氏の特集を行っていた。ハイビジョン特集「生き抜く・小野田寛郎」ルバング島と過酷な人生の真相▽戦後60年今こそ語る。小野田寛郎氏は1922年3月19日和歌山県海南市生まれ。中国で商社マンをしていたが、1942年12月、和歌山歩兵第61聯隊に現役... more
Commented by k_milliard at 2005-05-28 11:24
読み返してみて、曖昧な表現があったので若干の説明を・・・

> これ以上戦争の犠牲者を出さないでくれ
で言っている犠牲者と言うのは、反戦の方々が言うような「戦争に巻き込まれた」と言う意味での犠牲者ではなく、例えば戦勝国による軍事裁判で死刑になり「戦犯」とされた方とかシベリアに抑留されて亡くなられた方のように、戦闘行為は終結したにも関わらず不運にも亡くなられた方のことを思ってこう表現してしまいました。
すんません、言葉足らずでした。
Commented by abusan at 2005-05-29 09:34 x
比国に在住してはや60年、比国の友の恩は計り知れないものが
有ることでしょう。これからは正々堂々と在比日本人として比国人に
恩返しする姿勢を誰が責められましょうか。
Commented by カエル at 2005-05-29 09:56 x
かなり怪しいんだけど。

<元日本兵>「ゲリラ、要求額5倍に」解決、長期化の恐れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050529-00000011-mai-soci

元日本兵情報はペテンの可能性=比警察高官
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1183968/detail

フィリピン側としても反政府ゲリラに多額の金が入るのは快く思っていないだろう。
Commented by abusan at 2005-05-29 10:42 x
カエル様

反比ゲリラが絡んでいるとなれば微妙な所ですなあ(^◇^;)
日本政府としては反比集団に利用されたくないですしね。

比国政府と連携して確認を取らなくては。
Commented by k_milliard at 2005-05-29 18:17
カエル さん、こんにちは~
厄介ですね、反政府ゲリラとの交渉となると。
足元見られてるのかな。
なんとか無事に帰してもらえんかな・・・
Commented by k_milliard at 2005-05-29 18:21
abusan さん、こんにちは~
政治利用の懸念をしたのは近隣諸国に対してだったんですけど、反政府ゲリラとカネが絡んでの交渉になるは思ってませんでした。
もう高齢なんだから、すぐにでも帰国させてもらいたいんだけどなぁ。


<< 反日活動の現場      期待と不安が一つになって・・・ >>