んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 20日

謝れと言われたから謝る、くれと言われたからあげる 地球市民

「剣道の起源は韓国」ネット書き込みで広がる波紋(産経新聞)

ネットではすっかりお馴染みのこの件ですが、初めてこの話題に触れた人は、「はぁっ!?」と驚かれていることでしょう。

まさか、剣道の起源が韓国にあると思う日本人はいないと思いますが、竹島の領有権問題でなされている様々な主張を思い出して頂きたい。
韓国が実効支配している竹島を日本との共同管理にしたらどうかとか、あんな小さな島くらい韓国に譲ってあげたら?といった、韓国寄りの意見が少なからずあると思う。
竹島が日本の領土であることは証明はできるのに、中には韓国領土であると思っている人もいるだろう。
さて、この「剣道韓国起源説」についても、似たような主張をする日本人がでてくるような気がする。
つまり、剣道を日本と韓国が共有する武道として認めたらどうか、とか、彼らがあんなふうに言ってるんだから日本も聞き入れてあげて仲良く剣道の普及に努めたらどうか、とか・・・
剣道が日本の武道であることは疑いようの無い事実なんですけど、事実はどうでもよくて、地球市民的仲良しクラブのメンバーのような発言をする人がいるんじゃないでしょうか?
そういう人って、主権侵害には文句を言わず引き下がって、自国の文化も譲ってあげて、人から言われるがまま何でもくれてやるつもりなのかな?
きっと、そういう人の魂は、最初っから日本には無いんだろうな。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-20 12:43 | 朝鮮 | Trackback(7) | Comments(20)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1949672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 溶解する日本@Webry.. at 2005-05-20 12:50
タイトル : 剣道は武道なんだよ>韓国
 この記事を読んでつくづく韓国ってのはかわいそうな国だなって思いを深くしましたね。とにかく発信できるものが何もないからこういうことが始まるわけで、「剣道」ってのは武道なんですよ。武道ってのは韓人や華人にはわからないと思いますが、技や強さもさることながら「心」にかなりの重みを置いているから、何をやっても勝てばいいってような、柔道国際大会に見られる韓人のメンタリティーとはかけ離れてますよ。かわいそう、さもしい。彼らが何かを言えば言うほどこの二つがあからさまになってゆく、アメリカほどの強さがあれ...... more
Tracked from 反日活動から日本を守る at 2005-05-20 19:47
タイトル : 韓国の言いがかりに対しては、冷静に証拠を突きつけて対応せよ
これはたまたま剣道ですが、韓国は「俺のモノは俺のモノ、日本のモノも俺のモノ」みたいな行動があまりに多い。ヒット商品のパクリもそうだし。 剣道については、冷静に、証拠をつきつけて、全世界に向けて反論すべきである。そうすれば世界中に「韓国はこんな言いがかりを... more
Tracked from Y's WebSite.. at 2005-05-20 22:08
タイトル : やっと紙面で「剣道の起源は韓国」 問題が・・・
インターネット上では「剣道の起源は韓国にあり?!」というサイトで、かれこれ4年くらい前から取りあげられ、問題視されている「剣道の韓国起源説」。 竹島の領有権問題や歴史認識を巡り、日本と韓国における見解や主張の違いで、関係が微妙な昨今、全日本剣道連盟には、... more
Tracked from アジア&国際情勢ニュース分析 at 2005-05-20 23:16
タイトル : 尖閣諸島に日本人が本籍、中国外交部強く反発
いよいよ中国共産党が 凶暴な本性 を現わし始めた。 <本籍>竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島の日本人数 答弁書で判明 5/17 政府の閣議決定した答弁書でニュースに対し 以下の反応。 ”釣魚島及び周辺諸島は、古来から中国の領土だ” と。 なんのこっちゃ。 どさくさに紛れて いまさら とんでもないことを! 尖閣諸島の領有権についての基本見解  ここに尖閣諸島が日本の領土であることは、ずーと前から国際法上、有効な論拠をもとに外務省も明示している。 やはり中国共産党さん、拡大膨張路線に変わったのですね。 そ...... more
Tracked from 思うて学ばざれば則ち殆し.. at 2005-05-21 00:24
タイトル : 「剣道は武道なんだよ>韓国」について
「剣道は武道なんだよ>韓国」について... more
Tracked from 依存症の独り言 at 2005-05-21 09:54
タイトル : 中国は間違いなく崩壊する part2
中国のルポルタージュ文学の月刊誌「報告文学」は、水力発電所建設のために、開発業者と結託した地元当局に耕地を奪われた農民の悲惨な実態を告発するルポ「土地を失った人々」を掲載した。 主人公は全国4000万人以上とされる「失地農民」の一部に過ぎないが、彼らを襲った事件は“土地戦争”の深刻さを物語っている。... more
Tracked from Absenteの酔いどれ.. at 2005-05-22 10:05
タイトル : 在日「朝鮮民族」をも侮辱する井筒和幸( ゚Д゚)、ペッ..
かなり井筒に殺意を覚える程どす黒い感情を覚えてきてしまいました(ー_ーメ) 辛椒玉と共に、こやつらだけは絶対に許せません。一言 日本列島から出て行け! その井筒の侮辱発言は次の通り mumur様に依る井筒妄言の抜粋 井筒和幸 妄言集 >当然、朝鮮を植民地にして、分断の根本原因を作ったことにも目を背けてきた。 >なのに拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』 >という物語を作り上げ、日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、経済 >制裁論にまでエスカレー...... more
Commented by hide at 2005-05-20 18:50 x
こんにちは。
前々から気にはなっていた記事ではありましたがf(^^;)
剣道だけじゃないですよね、韓国起源説。折り紙、茶道、盆栽等々・・・
何処が起源だろうとかは専門家じゃないので分からないのですが、
一つ言える事はそれを文化・芸術として醸成させたのは日本だと
いう事なんですよね。
(テコンドーも何か怪しいきがしますが・・・)
900年という長きに渡る属国時代では恐らく独自の文化なんて持て
無かったんではないでしょうか?というか持つ気が無かったというか。
だから、こうした事を見るにつけ、失われた歴史を補完したい願望に
見えて何だか可哀想になりますね。勿論呆れを通り越してですけどf(^^;)
Commented by p at 2005-05-20 20:45 x
井筒監督吠える 「日本人は拉致という物語を作り上げた」

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/22373292.html
Commented by びえんと at 2005-05-20 21:21 x
ようやくって感じですね~
久しぶりに例のウリナラ起源サイト(日本語で読むってとこです)を見てきました。私にとって韓国に対して疑問をもち始めたころのサイトでした。そのころは単なる笑いのネタ程度しか思ってませんでしたが、知れば知るほど色んな意味で恐ろしい国だと分かってきました。
駄々っ子が欲しがるまま物を与えていては、立派な大人にはなれないですよね。地球市民の方々は、与え続ければママに従順なマザコンになるから良いんだってことなんでしょうかねw
Commented by k_milliard at 2005-05-21 11:07
hide さん、こんにちは~
極端なコトを言えば、日本のモノは全て朝鮮のモノ、と言う屈折した考えが根底にありますね。
つまり、日本にある文化や優れたモノの源流は全て朝鮮経由なんだから、朝鮮のモノだと言って何が悪い、ってコトでしょう。
そのほとんどは、ただ経由したにすぎないと思うんですけどね。
それでも、優越感を保ちたいもんだから、事実をつきつけられても認められないんでしょう。
正直、哀れな方達だと思います。
Commented by k_milliard at 2005-05-21 11:15
p さん、こんにちは~
井筒監督については、以前から親韓的発言が目立つとは思ってましたけど、この発言は聞き捨てなら無いですね。
「分断のきっかけは日本による植民地支配」という意見から察するに、完全に「日本が全て悪い」というアチラさんの思想・プロパガンダに頭が支配されているということでしょう。
おそらく、井筒監督は今の芸能界で、拉致事件を日本の過去との「相殺論」と主張する人物の筆頭にあげられるのではないかと思います。
いや、もう反日認定してもいいですね、ここまで酷いと。
Commented by k_milliard at 2005-05-21 11:20
びえんと さん、こんにちは~
やっぱり、これからの日本は言うべきことはビシッと言わないとダメですね。
この手の「韓国起源節」にしても、芽がでた時点でビシビシ潰していくべきです。
甘やかしてきたからツケあがるんだよ。
そういう意味でも、日本は組織立った情報部或いは諜報部を設置して、しっかり世界に日本の主張を発信していく必要があると思います。
Commented by uumin3 at 2005-05-21 11:22 x
はじめまして。ご存知かもしれませんがちょっと紹介させていただきます。小倉紀蔵『韓国は一個の哲学である』講談社現代新書、からの要約です。(部分要約)
 オリジン、ルーツは韓国語で<プリ=根>と言う。<プリ>を持つ者こそが、尊敬に値するものである。なぜなら<プリ>とは<理>の根源であるからだ。日本の<プリ>は韓国である。なぜなら日本にすべての良き文化を伝達してやったのは韓国だからだ。ゆえにすべからく日本人は韓国人を尊敬すべきなのに、逆に韓国を冒涜している。これが韓国人の<プリ>への<ハン=恨>であり、大きな傷なのだ。
 もともと韓国は日本より<理>が明澄であり、上位の国である。だとすればすべての<プリ>は本来韓国の側になければならない。
Commented by uumin3(tuduki) at 2005-05-21 11:23 x
空手・禅・醤油などが、そのまま日本語(日本のもの)として世界に通用するのは理不尽である。したがって例えば<zen>などは<ソン>という韓国語として世界に認識させねばならない。悪い日本の歴史宣伝をすべてひっくり返すのは、韓国の義務であり願いである。
 また、歴史的に韓国にすべてを負っている日本が、世界に歴史で名を売っているのは、韓国を蔑ろにする歴史宣伝である。したがって日本の高級文化などは、みな韓国から行ったものであることを世界に再認識させねばならない。
 このオリジン奪取闘争に勝ち、「日本人の自尊心を叩き潰して」やらなければならないのだ。さもなければ韓国人の「文化自尊心」は傷ついてしまう。「近代化の失敗」に続く第二の大きな敗北として…(おわり)
Commented by abusan at 2005-05-21 11:57 x
もう、井筒は日本から追放すべき、出来れば日本海に不法投棄(w
典型的な日本住民の敵対分子ですなあ(ー_ーメ)(ー_ーメ)(ー_ーメ)

マジで死ね > 井筒和幸
Commented by k_milliard at 2005-05-21 12:10
uumin3 さん、こんにちは~
情報ありがとうございます~。
この本は本屋でタイトルだけは知ってましたが、読んでませんでした。
「オリジン奪取闘争」ってのがいいですね。(笑)
たしかに、「自尊心」は、彼らを理解するうえで大事なキーワードですね。
日本人は屁とも思ってないことに、彼らは異常に固執している。
彼らとトラブルなく付き合いたいのなら、そこんトコを理解してあげて上手くノセてあげるのがいいでしょう。
ただし、日本には日本の譲れない一線というモノもあるので、そこを引く必要などありません。
理不尽な要求には断固として拒否すべきでしょうね。
Commented by k_milliard at 2005-05-21 12:21
abusan さん、こんにちは~
中途半端に発言力があるだけに、困ったものです。
北朝鮮のイメージ向上のために活躍されているので、間違いなく総連ウケはいいはず。
監督といえば山本監督もいますが、文化人系タレントって親北な人が多いのかもしれませんね。
Commented by ty at 2005-05-21 12:49 x
>間違いなく総連ウケはいいはず

と言うより、すでに北の工作員レベルにまで堕ちています。
映画撮影の際の事故の後始末や、今回の映画の出資など
在日朝鮮人の資金が蠢いています。
もう身動きも取れないほど、ガンジガラメになってるんでしょう。
本当に馬鹿な奴です。

>文化人系タレントって親北な人が多いのかもしれませんね

と言うか、映画関係者には昔からアカ思想、反日に自己陶酔している輩が多いんですよね。
言ってる事が支離滅裂なのに、ヘタに映画がウケるから尚更始末に負えない。
日本がココまで無節操に自由なのが言い事なのか悪い事なのか・・・・
嘆かわしいです。
Commented by k_milliard at 2005-05-21 21:27
ty さん、こんにちは~
他のサイトでも確認しましたが、井筒監督がなぜ反日工作員と化したのか分かりました。
映画監督として生き残った代わりに北朝鮮に魂を売り渡してしまったのですね。
哀れといえば哀れですが、今彼がやっているコトを考えれば同情は出来ませんね。
いずれ、このしっぺ返しで痛い目に遭うと思いますよ。
Commented by abusan at 2005-05-22 08:29 x
思わずゲバルト棒で井筒の脳天をかち割ってやりたい程に怒りを覚え
つい取り乱してしまいましたが、このしっぺ返しは遠からず来る事で
ありましょう。北朝鮮の政権の北朝鮮人民に対する圧政の事実も
既に露見して居るのにも関わらずそれを支持するとは何事かと。

井筒の発言は良識的在日の朝鮮民族な方々からも朝鮮民族をも
貶めようとしていると見られるのがオチでありましょう。併合時代、つまり
韓国で言うところの「日帝時代」に於ける徴用が或る意味苦役であった
事を認めるにせよ、それは金日成/金正日政権が韓国人や日本人を
不当に拉致した事実を決して正当化しませんし、ましてや北朝鮮人民
への人権蹂躙を正当化する事は不可能な筈であります。

結局、井筒は日本人からは勿論の事「朝鮮人」からも嫌われるのですね。
少なくとも井筒の言い分を全面的に認めるモノの存在を私は決して
許しません。日本人であろうとも「朝鮮人」であろうとも。
Commented by abusan at 2005-05-22 08:40 x
特に、この井筒の発言はk_milliard様を始めとした方々のご先祖に
対する侮辱ですら有ります。実際には力道山宜しく開拓精神を持って
日本に移住してきた人が大多数ですのでね。その方々の開拓精神をも
否定するとは何事か!日本列島原住民ばかりか「在日」に対する侮辱
でさえあるのは明白であります。

「在日」の人々は、ご先祖の「開拓(フロンティア)精神」を自らの誇りに
すべきで有り、更にその精神を子孫に継承すべきで有ります。それを
決して否定する様なことがあってはなりません。

すなわち井筒の発言は在日の人々の「開拓精神」をも否定する
侮辱的発言に他なりません。「在日」的にも井筒に抗議すべきで
ありましょう。朝鮮民族他、世界の民族としての誇りをかけて。
Commented by k_milliard at 2005-05-22 15:00
abusan さん、こんにちは~
映画といえば、「パッチギ」とは逆に、勝新太郎の「兵隊やくざ」シリーズでは朝鮮人の暴力を描写しているシーンがあるそうです。
(曖昧な記憶なので間違ってたらすいません;)
おそらく戦後に戦勝国人として暴れていた頃の話だと思います。
事実に即した内容だとしても、今なら絶対に映像化できないだろうなぁ。(笑)
もちろん、韓国ドラマの裏で「兵隊やくざ」が放送されることもないでしょうが・・・
Commented by 流れ者D at 2005-05-30 08:19 x
おひかえなすって。
かつて、関西の某私立大学で「在日朝鮮人問題研究会」などという
サークルに関わり、「外国人登録法による指紋押捺拒否支援」
とか、井筒某と似たようなことを連日がなりたてていたサヨガキ
だった、者です。
こんなサークルにかかわっちょりました(URL元の論文集はおすすめ)。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuurokudai
色々とあって(藁、現在は、こう名乗っておりやす↓
http://www.koreanshr.jp/

 あっしはこの映画を見る気もないので論評は出来ませんが、
 いわゆるそーれん系の朝高の暴力事件を、
「差別する日本社会のせい」と言いきって正当化する反日ぶりには
笑うしかありませんね。とわいえ、あっしも十数年前は同意見
でしたが…
 後輩だった在日君(韓国系)の話しだと、
「日本人に差別されるのは仕方がなかったが、むしろ、
民団系の学校とのバトルがえぐかった」
と話しておりやした。とうぜん、あっしら「運動屋」とは馴染め
ませんでしたが、オヤジがレストランを経営する金持ちで、
軟派な不良でしたので、今なら結構付き合えそうな気がしました。
Commented by k_milliard at 2005-05-30 12:57
流れ者D さん、はじめまして~
なるほど、運動をされていた方だからこそ分かることがありそうですね。
内情を知っているだけに攻めやすいかも。w
いろいろ私も知らないことがあるので、何かと指摘してやってください。
これからも、よろしくお願いします~。
Commented by 流れ者D at 2005-05-30 14:47 x
 K_milliardさん、Resありがとうです。
結構口の悪いところもあるのですが、今後とも
よろしくです。
 自分が運動に関わっていたのは、'86年~’89年
ごろのことなのですが、当時の資料も保存してあるので、
色々と語れる部分はあると思います。
 しかしながら、「パッチギ」以前にも、
「日本は右傾化している」など、とかくの発言が多い
井筒某は、この際北に帰化されたほうが本人のタメには
イイのかもしれませんネ(ワラ。
Commented by k_milliard at 2005-05-31 01:32
流れ者D さん、こんにちは~
> この際北に帰化されたほうが
帰化は帰化でも、「気化」して蒸発したほうが日本のためになるかもね。
(はい、悪い冗談ですから、サラッと流してください・・・)


<< 初志貫徹      取り乱してしまいました(反省) >>