2005年 05月 15日

ひょっとして、日本は兵器開発最先端国?

気分は「ガンダム」 乗って遊べる二足歩行ロボット (産経新聞)
>  群馬県榛東村の環境設備メーカー榊原機械が、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するような形の人が乗り
> 操縦できる二足歩行ロボットを製作し、アニメファンやイベント会社の間で話題になっている。
>
>  「LAND WALKER」と名付けられたロボットは1人乗りで高さ3メートル40センチ、重さ1トン。4つのペダル
> を操り、時速1.5キロで前後左右にすり足二足歩行させる。コックピット脇には2丁の空気砲を備え、スポンジ
> の弾を発射できる。

いや~、ホントに夢が広がりますね。

たしかに気分は「ガンダム」だけど、私は「ガンダム」よりも「マクロス」の方が好きだったので、このロボットからは「トマホーク」を連想してしまう。
もっと長~い銃身が装備できれば、立派な軍事兵器になりそうだな。
となると、米軍なんか、兵器につながるロボット開発を見過ごすはずもなく、日本でのこの分野の研究開発が闇に葬られる可能性もありそうだ。

そういう意味で、このメーカーとこのロボットの今後に注目しておきたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-15 21:17 | テレビ


<< 怒るで、しかしっ!(横山やすし調)      何を企んでいる? >>