んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 15日

何を企んでいる?

逃走韓国漁船と接触 対馬沖、海保巡視艇の一部損傷(産経新聞)
>  第7管区海上保安本部によると、巡視艇が旗やマイクで停船を命じたが、漁船は無視。漁業法違反(立ち入
> り検査忌避)の疑いで現行犯逮捕するため、巡視艇が接近して海上保安官を移乗させようとしたが、ジグザグ
> 航行や急旋回を繰り返して抵抗した。

海上保安部の皆様、お勤めご苦労様です。
現行犯逮捕できなかったのは残念ですが、外国籍船・不審船による違法行為を水際で摘発すべく、これからもよろしくお願いします。

さて、問題の韓国漁船ですが、まさか対馬を実効支配しようという目論見でもあるんですかね?
それは話が飛躍しているのかもしれないけど、「対馬は自分達のモノだから、その近くで魚を獲ったって構わんだろう」くらいは思っていそうだな。

それにしても、対処しているのが海上保安部だからしょうがないのかもしれないけど、取り締まり方法として国防的観点からも、外国籍の艦船や航空機による領海・領空侵犯へのもっと素早い対応は出来ないものだろうか。
つまり、このような事案でも、警察力だけではなく自衛隊との連携で素早く、そして確実に対処できるような体制にしたほうがいいと思うのだけど。
重大な事態が発生したら軍事的緊張が高まる危険性はあるのだろうけど、国際法に則っている限りその範囲内で行使できることなら躊躇せず行使してもらいたいと思う。
中国での対日暴動でもそうだったけど、明らかに向こうに非があるのであれば、それを国際的にアピールしていけば必ず日本の立場は守られるだろう。
今まではそれをしてこなかったからこそ、カネは取られるわ頭は下げ続けさせられるわ、まるで日本の方が一方的に悪いような印象しか残らなかったのではないのか?
あたかも、それが大人の態度のようで、「自分達さえ我慢していればアジアの平和は保たれる」と、主体性を放棄したと言っても過言ではない政治を行ってきた、その反省を生かさなくてはいけない。
例え友好関係を築きたい相手であっても、悪いことは悪い、ダメなものはダメと、政府には態度で示してもらいたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-15 21:05 | ニュース


<< ひょっとして、日本は兵器開発最...      無法地帯化の促進計画 >>