んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 09日

私には出来ない

持将棋成立で指し直し 将棋・棋聖戦挑戦者決定戦(産経新聞)
>  佐藤康光棋聖への挑戦権を争う「第76期棋聖戦」(産経新聞社主催)本戦(決勝トーナメント)決勝、羽生善
> 治四冠対三浦弘行八段戦は9日午前10時、東京・千駄ケ谷の将棋会館で始まったが、午後8時40分、195
> 手までで、持将棋が成立、指し直しとなり、30分間の休憩の後、午後9時10分から先後入れ替えで始まった。

私には出来ない、こんなこと。
ずっと正座してるワケじゃないのは知ってるけど、10時間以上も勝負してんのに、たった30分の休憩だけで指し直しだなんて、私には絶対ムリです。
こんなことしてたら早死にするぞ、マジで。
一回くらい徹マン明けでそのまま競馬場で勝負してその帰りにパチンコでもしたら、さぞかし気持ちいいだろうなぁとは思うけど、同じ相手とずぅっっっと勝負し倒す気力、私にはありましぇん。

もうこうなったら羽生さん、この勝負に勝って、佐藤棋聖にも勝って、五冠になっちゃってください。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-09 22:26 | ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1919394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春日野 at 2005-05-10 21:04 x
今晩は、誠に奇遇です。と申しますのは昨日書きましたものと似ていてビックリしました。→【日中、日韓は詰め将棋、歴史認識の一手だ 】
Commented by k_milliard at 2005-05-11 01:24
春日野 さん、こんにちは~
この試合のように将棋にはやり直しもありますけど、外交の世界でやり直しはききませんからねぇ。
中韓の打つ手はある程度よめてると思うんですけど、今のところ相手に合わせるばかりで、その先に何があるのか、日本はちゃんと数手先をよんでいるんでしょうか。
よんでいたとしても、よみが甘いような気がするんだけど・・・


<< 良い子のみんなはマネしないように      内面が外見を変えた >>