んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 25日

大きく育てよう、対日批判の芽

対日批判継続容認と香港紙 中国当局、国内メディアに(産経新聞)
>  24日付香港紙、明報は消息筋の話として、中国当局が無許可の反日デモ規制の方針を決定したと同時
> に、今後も教科書問題や靖国参拝などで対日批判を続けることを国内メディアに認めたと報じた。
>
>  同紙によると、当局は今年が「抗日戦争勝利60周年」であることを十分に利用し「合理的で節度ある」対日
> 批判に民意を結集する方針を決定。
>
>  報道の際には日本製品ボイコットなど経済的影響が懸念される批判をトーンダウンさせ、日本の「右翼」と一
> 般の日本人を厳格に区別することも求めているという。(共同)

今の中国って面白いなぁ。
内乱を煽り現体制を崩壊させかねない「対日批判」の芽を、後生大事に抱えてる。
その芽は、今までは期待した通りの花が咲いてくれてたんだろうけど、今はどんな花が咲くのか水をやっている中国にも分からない状況になってきている。
そのコトは、抑制が効かなくなりつつあるこの数週間の暴動を通じて、よ~く理解したはずなのに、よほど美味しい思いをした成功体験が頭から離れないと見える。
その危険な芽でさえも利用しておかないことには内政が成り立たなくなってきているという証のようでもある。
まさに、病んだ大国だ。

この、中華人民共和国が崩壊へと向かっているサマは、おそらく後世の歴史教科書に記述されることになるでしょう。
つまり、私達はその歴史教科書のあるページの行を行間をこの眼で目撃していることになるのです。
もちろん、その歴史教科書は検定済みですよ。(笑)

そういう意味で今の中国は面白いし、歴史ってダイナミックだなぁと思う。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-25 00:53 | ニュース


<< 友好、それは儚い      企業も大変だね >>