2005年 04月 24日

勝算はあるのか?

日中首脳会談 主席、歴史反省迫る 首相、デモ再発防止要請(産経新聞)
>  【ジャカルタ=船津寛】インドネシア訪問中の小泉純一郎首相は二十三日夜、ジャカルタ市内で中国の胡錦
> 濤国家主席と会談した。会談で胡主席は、「歴史を正しく認識し対処するために、反省を実際の行動に移して
> ほしい」と要求。一方、首相は中国での反日デモで邦人に負傷者が出たことを受け、「再びこういうことが起こら
> ないように、今後、適切に対処してほしい」と再発防止を求めたが、謝罪や補償には言及しなかった。

反日暴動の謝罪と補償には言及して欲しかったな。

AA首脳会議での小泉首相の演説に対する評価は分かれているようだけど、先の記事にも書いたように、日本人として「臥薪嘗胆」の気持ちには変わりが無いはず。
この悔しい気持ち、「今に見ていろ」という気持ちをいつかは晴らしたい。
その点では一致しているでしょう。

日本政府としては、中共政府を追い詰めるのではなく、逆に手を差し伸べる方法を選んだ。
しかも、相手からは被害に対する言葉や助けてもらったことへの言葉はなくて、さもそれが当然のような態度で常に高飛車なのが気に入りませんが・・・

小泉首相が日中関係でしきりに繰り返す「友好」。
この「友好戦略」とでもいうべき日中外交に、私は少なからずも「甘さ」を感じてしまう。
「皮を切らせて肉と断つ」「肉を切らせて骨を絶つ」という考え方に立ち、日本が外交戦略を練る必要があるのは分かります。
でも、それは前提として、その向こう側に日本の為になる「何か」があるはずだし、その戦略に立ち犠牲を払う以上、その「何か」を確実にゲットしなくてはいけない。
あくまでも、皮を切らせるのは肉を断つためだし、肉を切らせるのは骨を断つためでしょう。
で、その「何か」って、今までは「北東アジアの安定」が大きかったと思うけど、日本はいろんなモノを犠牲にしてそれは達成してきたと思う。
その分の「ツケ」が、今、一気に噴出してきてるけど・・・

21世紀初頭の今、日本を取り巻く状況は刻々と変わりつつある。
その中で、今まで通りのやり方で果たしていいのか?「北東アジアの安定」を堅持しつつも、果たしてそれだけでいいのか?という問いが、今突きつけられている。
外交手法を「強」「弱」で分けるなら、今までは「弱」だったろうし、反日暴動に対しても一応言うべきコトは言ったけど、最終的には「弱」でいこうとしている。
このやり方が、ちゃんと向こうを見据えて勝算があるのなら支持もできる。
しかし、今までのやり方を踏襲しただけの「弱」であるのなら、それは何の進歩も無い戦略も無い、悪手でしかない。
はたして、どうなんだ、小泉外交は?
[PR]

by k_milliard | 2005-04-24 11:45 | ニュース


<< 企業も大変だね      政治的キャッチボールの行方 >>