んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 24日

勝算はあるのか?

日中首脳会談 主席、歴史反省迫る 首相、デモ再発防止要請(産経新聞)
>  【ジャカルタ=船津寛】インドネシア訪問中の小泉純一郎首相は二十三日夜、ジャカルタ市内で中国の胡錦
> 濤国家主席と会談した。会談で胡主席は、「歴史を正しく認識し対処するために、反省を実際の行動に移して
> ほしい」と要求。一方、首相は中国での反日デモで邦人に負傷者が出たことを受け、「再びこういうことが起こら
> ないように、今後、適切に対処してほしい」と再発防止を求めたが、謝罪や補償には言及しなかった。

反日暴動の謝罪と補償には言及して欲しかったな。

AA首脳会議での小泉首相の演説に対する評価は分かれているようだけど、先の記事にも書いたように、日本人として「臥薪嘗胆」の気持ちには変わりが無いはず。
この悔しい気持ち、「今に見ていろ」という気持ちをいつかは晴らしたい。
その点では一致しているでしょう。

日本政府としては、中共政府を追い詰めるのではなく、逆に手を差し伸べる方法を選んだ。
しかも、相手からは被害に対する言葉や助けてもらったことへの言葉はなくて、さもそれが当然のような態度で常に高飛車なのが気に入りませんが・・・

小泉首相が日中関係でしきりに繰り返す「友好」。
この「友好戦略」とでもいうべき日中外交に、私は少なからずも「甘さ」を感じてしまう。
「皮を切らせて肉と断つ」「肉を切らせて骨を絶つ」という考え方に立ち、日本が外交戦略を練る必要があるのは分かります。
でも、それは前提として、その向こう側に日本の為になる「何か」があるはずだし、その戦略に立ち犠牲を払う以上、その「何か」を確実にゲットしなくてはいけない。
あくまでも、皮を切らせるのは肉を断つためだし、肉を切らせるのは骨を断つためでしょう。
で、その「何か」って、今までは「北東アジアの安定」が大きかったと思うけど、日本はいろんなモノを犠牲にしてそれは達成してきたと思う。
その分の「ツケ」が、今、一気に噴出してきてるけど・・・

21世紀初頭の今、日本を取り巻く状況は刻々と変わりつつある。
その中で、今まで通りのやり方で果たしていいのか?「北東アジアの安定」を堅持しつつも、果たしてそれだけでいいのか?という問いが、今突きつけられている。
外交手法を「強」「弱」で分けるなら、今までは「弱」だったろうし、反日暴動に対しても一応言うべきコトは言ったけど、最終的には「弱」でいこうとしている。
このやり方が、ちゃんと向こうを見据えて勝算があるのなら支持もできる。
しかし、今までのやり方を踏襲しただけの「弱」であるのなら、それは何の進歩も無い戦略も無い、悪手でしかない。
はたして、どうなんだ、小泉外交は?
[PR]

by k_milliard | 2005-04-24 11:45 | ニュース | Trackback(7) | Comments(3)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1874395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 東亜マンセー協会 at 2005-04-24 14:03
タイトル : 日中首脳会談:形だけの関係改善
結局、謝罪の言葉はなかった…インドネシア訪問中の小泉純一郎首相はジャカルタ市内で中国のと会談した。中国側は「歴史を正しく認識し対処するために、反省を実際の行動に移してほしい」と要求。一方、首相は中国での反日デモで邦人に負傷者が出たことを受け、「再びこういうことが起こらない... more
Tracked from 溶解する日本@Webry.. at 2005-04-24 21:56
タイトル : 笑っちゃ失礼?>ある媚中・媚朝家のホームページ
「吉田康彦のホームページ」http://www3.ocn.ne.jp/~yy-dprk/の最新の更新です。 さてさてなにを書いたかっと楽しみに読み進んだんですが、がっかりですね。 北鮮拉致で懲りたのか、あれ以来筆が弱い。 とは言いながら、何回叩かれてもその傷みをすぐに忘れる某誇大妄想系・自称国際派、自称右翼ブログよりゃましですが。... more
Tracked from 溶解する日本@Webry.. at 2005-04-24 21:57
タイトル : 朝日新聞4月24日社説に見る小泉・胡錦涛会談
日中会談 深刻さは変わらない 朝日新聞 http://www.asahi.com/paper/editorial20050424.html... more
Tracked from log at 2005-04-25 12:55
タイトル : 謝罪も賠償も要求しなかった茶番劇。歴史の連続性
日中首脳会談:対話促進で一致 靖国「反省行動で」と要求 【ジャカルタ平田崇浩、大谷麻由美】インドネシア訪問中の小泉純一郎首相は23日夜、中国の胡錦濤国家主席とジャカルタ市内で会談し、関係修復に向けて対話を促進することで一致した。会談で胡主席は歴史の反省や..... more
Tracked from =社説は語る= at 2005-04-25 22:15
タイトル : 日中首脳会談 埋まらぬ溝
『読売新聞(05/04/24)』 日中首脳会談-変わらぬ中国の『歴史的事実』歪曲  中国という国は、明確な国際法違反を認めず、謝罪もしない国だ、ということを世界に発信したのも、同然ではないか。 小泉首相は胡錦濤国家主席に対し、デモの暴徒化による日本大使館への破壊活動などの再発防止を求めた。胡主席は謝罪をせず、賠償の意思も示さなかった。  胡主席は、侵略戦争の反省を改めて要求した。だが「日本は反省していない」というのは中国や韓国の言いがかりだ。明白な歴史的事実の、歪曲(わいきょく)である。 ...... more
Tracked from Tomorrow's Way at 2005-04-26 16:36
タイトル : 日中会談。”トリックアート”のような危機管理。――けっこ..
日中首脳会談から一夜明けて、さまざま、ニュースを読んでみた。 まとまるかどうかわからないけれど、多くの報道とは、 少し異なる気持ちになっているので、エントリーを書きはじめてみたい。                     ※※ ●川中島の決戦に、切り結んだ信玄と謙信――? 国家間の諍いにかかわらず、それが企業間であっても、個人間であっても、 お互いの利益、主張、信条などが対立し、その溝を埋め難い場合、 双方、メンツを立てあいながら、いったん兵を引く――ということはあり得ると思...... more
Tracked from 溶解する日本@Webry.. at 2005-05-04 22:09
タイトル : またしても頭を垂れるバカ宰相>オランダ懺悔事件
小泉首相がオランダで謝罪、戦時中の捕虜の待遇で 2005年 05月 3日 火曜日 13:19 JST Japan PM apologises over World War Two Dutch POWs Mon May 2, 2005 07:26 PM BST By Teruaki Ueno AMSTERDAM (Reuters)... more
Commented by 春日野 at 2005-04-24 20:19 x
今晩は、
玄宗皇帝ならぬ、幻想皇帝に落ちぶれる日もあるでしょうに、どうして支那はあれほど意固地になって強請りを働くのでしょうね。
Commented by k_milliard at 2005-04-24 23:57
春日野 さん、こんにちは~
「はだかの王様」に近いモノがありますよね。
異常にプライドが高いと、白いモノも白と言えないコトもあるのでしょう。
とにかく、今の中国は内向きと外向き二つの顔のバランスをどう取るのかで物凄く苦労しているのが伝わってきます。
まぁ、自由化の波には逆らえないってトコですかね。
Commented by hide at 2005-04-27 15:58 x

こんにちは。
割とAA会議の演説に関してブログの論調が二分されているようですね。ちょっと
ビックリしました。
自分もかなり・・・結構・・・悶々とはしていますが、管理人様の仰られるように臥薪
嘗胆の気持ちですね。
ただ、あの場での謝罪の文言を挿入したというのは、今までの外交からいきなり
飛躍できないという事なのだと思います。戦後の東アジア外交の流れに引きずられた
ような(引きずるしかできない?)形があのようになったのではないでしょうか。
そういう意味では、戦後外交、特にに政治的な部分では完全に失敗だったという事で
しょうか?
ある意味安保の存在、根強い左翼勢力、憲法9条という呪縛から解放されるキッカケ
となれば救われるのですけど。


<< 企業も大変だね      政治的キャッチボールの行方 >>