んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 23日

客観的な検証のようでいて、実は小学生の宿題並み

フジ「めざましどようび」

たまたま観たら、日本の戦後補償についてのコーナーでした。

情報キャスターの高樹さんが、戦後に日本がどのように他国に謝罪・賠償してきたのかを調査していくという流れで番組は進行し、後半ではドイツとの比較をしてました。

産経新聞と同じフジサンケイグループだからと思って観ていたが、正直、程度の低さに呆れた。
何がダメだったかと言うと、底が浅いというか、明らかに知識不足な土台の上にまともな検証っぽいことをやっていた点だ。
まず、日本が侵略した国と戦後に謝罪・賠償した国を、地図に分布図としてまとめていて、それなりに学術っぽさを出しておきながら、それぞれの国々との具体的な条約や賠償内容が示されていなかった。
日中共同宣言には一応触れていたけど無償有償資金供与やODAには触れなかったし、韓国に至っては肝心の日韓基本条約には一切触れず。
ただ分布図を作っただけで「どう、これ?」って見せられて、「日本は戦後補償をちゃんとやってこなかった」って印象を与えようとしているように思えた。
そして、ドイツが戦後どれだけ謝罪と賠償を手厚くやってきたか、と続き、それと比較して「日本は戦後謝罪と賠償をちゃんとやってない」という論理につながる。
だけど、そのドイツの謝罪や賠償の具体的な内容は示されず、日本とドイツの単純比較にしかすぎなかった。

天下のフジテレビジョンのクリエイターともあろう者が、この程度の内容の映像しか作れないとは情けない。
番組の一コーナーとはいえ、比較検証するならもっと調べてから映像を作って欲しい。
こんなの、少し調べたら分かるだろう。
今や、ちょっとググッっただけでも大方のコトは分かるぞ。
失礼だけど、これでは小学六年生の夏休みの自由研究くらいのモノでしかない。
きっと、担当した人に悪意は無いと思うよ。
「日本は侵略した悪い国」
この単純な認識がスタートラインになっているから、もう少しつっこんだ内容とか多角的な検証が出来なかったんじゃないだろうか?
レフトサイドな先生が採点すれば80点以上間違いない内容だろうけど、こんなのすぐにボロでるよ。

とはいえ、この番組、視聴率高いんだろうな。
全国放送で、一見もっともらしい内容の番組だったら、その通りに思ってしまう人もいるだろう。
中途半端な内容だったら放送しないほうが害が無いだけマシだと思ったが、どうだろう。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-23 12:00 | テレビ | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1871700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from log at 2005-04-23 14:36
タイトル : 土下座外交のスパイラル、朝鮮総聯に破防法を
首相「歴史反省とお詫び」 アジア・アフリカ首脳会議 【ジャカルタ=船津寛】反植民地主義を提唱しアフリカ諸国の独立運動に影響を与えた「バンドン会議」(一九五五年)の開催五十周年を記念するアジア・アフリカ首脳会議が二十二日午前、インドネシア・ジャカルタで開幕..... more
Commented by hide at 2005-04-23 13:07 x
こんにちは。
朝からそんな気分の悪い番組ご覧になられてご愁傷様でした(泣)
昔から新聞はテレビを馬鹿にしているようですが、こういうコンテンツを公共と銘打って
垂れ流していてはね・・・買収されても仕方ないんじゃない?フジ!
自分の祖父は太平洋戦争時軍艦のコックをしていたそうで、生前は床に入って当時の
話を聞きながら寝入ってたものでした。
そこには、たとえ幾多の人を巻き込んだ戦争とは言え、それと自分とは切れない関係で
あることを認識したものです。
少なくとも、軽薄な知識・上辺だけの解釈で先の大戦に触れる事は、過去に侮辱し、
ひいては自己の存在を否定するのと同意だと思います。
少なくとも、そのような程度の低いコンテンツを「公共性」と言われるとするなら、
もうテレビはタブロイド誌と同じ質であり、大衆にゴシップを提供する程度の「公共性」
なのでしょうね。
Commented by k_milliard at 2005-04-23 13:48
hide さん、どもども~
グループとして主張に一貫性が欠けているのが残念です。
これって多様性?

悲惨な体験をしてまで先人が守ってきたものを善悪だけで片付けようとするのは、いかにもクラス優等生的な頭でっかちの独善性を感じます。
迷惑をかけたコトに対する謝罪は必要だと思いますが、トカゲの尻尾切りじゃないんだから、ただ闇雲に謝ったらいいというものでもないでしょうに、ねぇ。
謝罪要求の裏側にはどんな意図が隠されているのか?までを考えないと、勉強は出来るけど純粋バカのままでは、その純粋さが人を傷つけることだってあると思います。
Commented by k_milliard at 2005-04-24 12:25
追記です。
このコーナーの中で、「海外のメディアはこの事件をどう評価しているのか?」ということで、いくつかの新聞の論評をそれぞれ1行にまとめていました。
いずれも日本に批判的な内容になっていました。
しかし、これは明らかに事実と異なる。
たしかに、北京の暴動の直後にはそのような論評もあったけど、だんだん中国に批判的な論評が大勢を占めるようになったはずです。
なのに、仮にもメディアに携わっている人間がそれを知らないはずもなく(知らなかったとしたら報道機関としての能力を疑う)、このことを考慮すると、製作者サイドに少なからず「悪意」があったようにも思えます。
Commented by びえんと at 2005-04-24 20:28 x
毎度ですw
そちらでは、単発でしか放送されてないかもしれませんが、ドキュメンタリー番組のNONFIX、最近2度ほど憲法改正に疑問を投げかけるような内容を放送してます。
一つは9条、もう一つは 24条(男女平等)だったと思います。フジにしては「あれ?」ってな感じの内容でした。一応、両面(改正と否改正)からの視点で製作されていましたが。
どうしちゃったんだろうなぁ~ってな、後味悪いできでした。
メディアとしては、あれが限界だったのかもしれませんが。
やっぱ中道なのは、”たかじんの委員会”くらいですかね。
半年ほど西宮にいたことありますが、良く見てました。
関東にいる今は、はっきり言えませんが・・・〇×△□・・・w
Commented by k_milliard at 2005-04-24 23:52
びえんと さん、どもども~
NONFIX、昔は時々観てました。
なんなんでしょうね、企画から何から全部製作会社に任せてるからかな。
どこの局にも「あっち系」とか「学会系」がいるらしいですけど、そのせいかもしれないですね。
今、旬なのは「たかじん」ですね。
でも、田嶋氏が出演してるのが分かっただけで、もう「お腹いっぱい」になるのが難点だ・・・(笑)


<< 政治的キャッチボールの行方      せめて、その友好が有効でありま... >>