んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 23日

客観的な検証のようでいて、実は小学生の宿題並み

フジ「めざましどようび」

たまたま観たら、日本の戦後補償についてのコーナーでした。

情報キャスターの高樹さんが、戦後に日本がどのように他国に謝罪・賠償してきたのかを調査していくという流れで番組は進行し、後半ではドイツとの比較をしてました。

産経新聞と同じフジサンケイグループだからと思って観ていたが、正直、程度の低さに呆れた。
何がダメだったかと言うと、底が浅いというか、明らかに知識不足な土台の上にまともな検証っぽいことをやっていた点だ。
まず、日本が侵略した国と戦後に謝罪・賠償した国を、地図に分布図としてまとめていて、それなりに学術っぽさを出しておきながら、それぞれの国々との具体的な条約や賠償内容が示されていなかった。
日中共同宣言には一応触れていたけど無償有償資金供与やODAには触れなかったし、韓国に至っては肝心の日韓基本条約には一切触れず。
ただ分布図を作っただけで「どう、これ?」って見せられて、「日本は戦後補償をちゃんとやってこなかった」って印象を与えようとしているように思えた。
そして、ドイツが戦後どれだけ謝罪と賠償を手厚くやってきたか、と続き、それと比較して「日本は戦後謝罪と賠償をちゃんとやってない」という論理につながる。
だけど、そのドイツの謝罪や賠償の具体的な内容は示されず、日本とドイツの単純比較にしかすぎなかった。

天下のフジテレビジョンのクリエイターともあろう者が、この程度の内容の映像しか作れないとは情けない。
番組の一コーナーとはいえ、比較検証するならもっと調べてから映像を作って欲しい。
こんなの、少し調べたら分かるだろう。
今や、ちょっとググッっただけでも大方のコトは分かるぞ。
失礼だけど、これでは小学六年生の夏休みの自由研究くらいのモノでしかない。
きっと、担当した人に悪意は無いと思うよ。
「日本は侵略した悪い国」
この単純な認識がスタートラインになっているから、もう少しつっこんだ内容とか多角的な検証が出来なかったんじゃないだろうか?
レフトサイドな先生が採点すれば80点以上間違いない内容だろうけど、こんなのすぐにボロでるよ。

とはいえ、この番組、視聴率高いんだろうな。
全国放送で、一見もっともらしい内容の番組だったら、その通りに思ってしまう人もいるだろう。
中途半端な内容だったら放送しないほうが害が無いだけマシだと思ったが、どうだろう。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-23 12:00 | テレビ


<< 政治的キャッチボールの行方      せめて、その友好が有効でありま... >>