2005年 04月 22日

耐え難きを耐え・・・

首相「歴史反省とお詫び」 アジア・アフリカ首脳会議(産経新聞)
> 一回目の全体会合では、小泉純一郎首相が演説し、平成七(一九九五)年の「村山談話」に立ち戻った形で
> 歴史認識に言及し、あらためて過去への反省と謝罪の意を表明した。最近のぎくしゃくする日中関係などへの
> 配慮とみられるが、日本の首相として、異例の「お詫(わ)び」の繰り返しとなった。

中国の顔を立てて、反日暴動の収束を図ろうとしてますね。
そしてなにより、これが日本の安保理常任理事国入りを睨んだ一手であろうとは思います。
今は何があろうとも嵐が過ぎ去るのを待つのみ・・・という事でしょうか。
日本が「お詫び」を繰り返すことで、反体制運動に転化しかねないデモの収束に貢献したという、中共政府への「貸し」を作ったつもりなのでしょうか。
そのお返しに、「日本の常任理事国入りに反対しないでね」ってことかな?

この小泉首相の演説を肯定的に受け止めようとするなら、こういう思惑か中共政府へのメッセージ、とにかく何かがあるのは間違いない。
なんの理由もなく、屈辱的に、ただただ日本だけが反省してお詫びするとは考えにくい。
小泉首相のやり方って、そういうところがあるよね。
相手に「貸し」を作っておいて、相手との妥協点を図ろうとする。
その妥協点が妥当なものだったらいいんだけど、相手が得して日本は国益を損なうようなものになってないかな?
中共政府は日本の思惑を受け止めてくれてんの?
そもそも、相手は「貸し」だとは思って無かったりして。
小泉首相の本心を聞きたいところだけど、もう言っちゃった以上、前向きに考えるしかないか。

ただね・・・
国民感情ってものがあるでしょ。
あれだけの被害を受けておきながら、中共政府からは満足いく反応が無い。
おそらく、これからも無いはずだし。
首相の本心・思惑、そして日本が今取るべき思索を、私達は暗黙のうちに察しなくてはいけない・・・ってことですかね?

「日本国民の皆さん、分かってね」 by小泉純一郎・・・ですか?

「臥薪嘗胆」の実践かぁ・・・
厳しいなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-22 17:01 | ニュース


<< せめて、その友好が有効でありま...      さすがに場所を選ぶか >>