んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 18日

強硬姿勢が己の首を絞めている、身動き出来ない中国

日中外相会談:町村外相が「おわび」と、新華社通信(毎日新聞)
>  外相会談後の日本側説明によると、町村外相は「日本の歴史認識は日中共同宣言、日中平和友
> 好条約、村山富市首相(当時)が発表した談話(95年)のとおり。日本は過去の戦争を厳しく教訓と
> して、受け止めている」と語った。新華社の報道はこの部分を「深い反省とおわび」と位置づけている
> とみられる。

まぁ、そういう事らしいです。(苦笑)
これで暴動が沈静化するのかどうか・・・この程度じゃあ、しないと思うけど。

多くの方が指摘されているように、中国の反応がクレイジーであればあるほど日本人の嫌中意識が高まるので、日本にとっては中国外交見直しの良いきっかけになるでしょう。
ただ、少なくとも人的被害だけは勘弁してもらいたいので、何度も言いますが、政府には邦人の安全確保を優先した決断をお願いしたい。

中共政府は、上ったハシゴから降りられない状態ではないでしょうか。
ガス抜きのつもりが、その量は予想を超え、有毒化したガスが充満し、次第に手がつけられなくなりつつある。
それに、弱腰と見られてしまうと有毒ガスが暴発しかねないから日本に謝ることも補償することも出来ない。
しかし、北京オリンピックを危ぶむ声もチラホラ聞こえ始め、このままでいいとも思っていない。
日本の被害が拡大すればするほど、彼らは追い詰められていくはずです。
中共政府は強硬姿勢のように見えますが、実態はかなり焦っている、と私は思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-18 12:40 | ニュース


<< 同盟国からのお助け      おとなしい日本人もそのうちキレるぞ >>