2005年 04月 18日

おとなしい日本人もそのうちキレるぞ

中国、デモ暴徒化謝罪応じず 北京で日中外相会談(産経新聞)

日本人には、普段おとなしくて従順というイメージがある。
何か揉め事があったとしても、なるべく穏便に事を荒立てない方法で処理しようとする。
日本人にもいろいろあるから一概には言えないが、他国の人と比較すると、そういうイメージが強いと思う。

その普段おとなしい日本人が怒ったらどうなるのか?
俗に言う「キレる」と言う状態だ。
普段おとなしい反面、キレると押さえが利かない面があるのではないか?
今まで押さえ込んでいた反動が、一気に噴出してしまうことになる。

再三の要請にも関わらず、また日本が被害に遭ったと言うのに、李外相のこの発言でキレた日本人は多いはずだ。
「もういいだろう、あんな国」
日本人で、今そう思っているのはどれくらいいるだろう。
私のようにすぐ熱くなる人間はとっくの昔に愛想を尽かしてるんだけど(笑)、懸命な大多数の日本人はどうだろうか。

歴史は繰り返すと言うが、正にそういう感じだ。
ただし、日本は昔と違って軍事力には訴えない。
いや、訴えられないと言うのが正しいか。
だから、だからこそ、頭を使って、この怒りを冷静に転化しなくてはいけない。
今日本としてやるべきこと。
私は、日本人の安全と保護を第一に考え、渡航の制限・現地邦人の撤退を強く主張したい。
現地日系企業の撤退も視野に入れるべきだろう。
又、日本での中国人犯罪に対処する意味でも、中国人の入国を厳しくしたほうがいい。
これは差別ではない。
軍事力を伴わない日本の自己防衛手段である。

韓国も北朝鮮もそうだが、まともな表の交渉だけで問題が解決出来るような相手ではない。
それに、国の外交戦略が大事なのは言うまでもないが、私達国民が日本人としてこの問題をどう受け止め対処しなくてはいけないのかを真剣に考えなくてはいけない。
国として一枚岩になり、決して暴走せず、この怒りを冷静に表していこうではないか。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-18 08:02 | ニュース


<< 強硬姿勢が己の首を絞めている、...      最悪の事態が起きる前に >>