2005年 04月 15日

なんのための会議だか・・・

第10回中日友好交流会議、日本で開催(人民網)
> 中日友好協会や日中友好協会が共催する第10回中日友好交流会議が14日、日
> 本・長野市で開催された。中日友好協会の宋健会長、村山富市元首相(日中友好
> 協会名誉会長)ら200人あまりが出席した。

> ▼村山元首相
>
> 今年は第2次大戦終戦60周年に当たり、日中関係にとってもきわめて需要な年だ。
> 日本は過去のある時期、植民統治と侵略を通して、中国の国民に重大な損害と災
> 難をもたらしており、日本自身も浅からぬ傷を受けた。日中間に存在する一部の問
> 題は主に、日本首脳の靖国神社参拝を中心とする歴史問題や、台湾問題などだ。
> 日中友好協会は、首相の靖国神社参拝に一貫して反対を表明している。

・・・だそうです。
中国と「かなり」親しい方々のご意見、承りました。
参考にさせて頂きます。

で、「日中友好会議」っていうくらいだから、お互いの意見・立場を尊重し友好関係を築いていくのが目的だと思うんですけど、違うのかな?
富市さんの発言だけから判断すると、日中の友好関係を妨げているのは日本だと言わんばかりなのですが。
百万歩譲って仮に日本が悪いとしても、一方的に日本だけが悪いんですかね?

・・・おかしな話だなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-15 14:37 | ニュース


<< メッキの下には何がある?      同士討ち >>