2005年 04月 15日

ガセネタでもいいから燃やしてやろう、という悪意

ネットに「関西で中国人襲われ死亡」 中国外務省否定(asahi.com)
>  中国の愛国団体のインターネット「愛国者同盟網」などが14日、「関西で中国人2人が
> 襲われ、1人が死亡した」とする記事を流した。中国外務省の秦剛(チン・カン)副報道局
> 長は同日、同省のホームページで「慎重に事実確認を行ったが、決してそのようなことは
> ない」と否定するコメントを出した。記事は、関西地方で発行されている中国語新聞の記
> 事を引用する形を取っているが、この新聞社は「全くの偽り」などとする抗議文をネット上
> に掲載した。

中国外務省、中国人留学生の日本での殺害の報道を否定(CRI)
>  中国外務省の秦剛スポークスマンは14日北京での記者会見で。「日本のマスコミによ
> る中国人留学生が日本で殺害されたという報道は事実とはそぐわない」と強調しまし
> た。

>  日本の一部マスコミは、2人の中国人留学生が日本で殺害されたと報道しましたが、
> これについて秦剛スポークスマンは、「中国側はこの件について真剣な調査を行った
> が、これは事実ではないことがわかった」としています。

抗議:中国語ネットでの留学生殺害に関する書き込みについて(関西 華文時報)
>  2005年4月14日、某中国語サイトに、当社《関西華文時
> 報》の名で、虚偽の情報が投稿されていました。内容は
> 「反日騒動のあおりを受け、中国人留学生1名が日本人
> に殺害された」というもので、全くの偽りです。投稿内容と
> 当社は一切無関係であり、当社の名前をかたって虚偽の
> 情報を流したことに強く抗議します。

油断も隙もあったもんじゃない。
「冷静な対応」を呼びかけつつ、こんなデマを流そうなんて。
まったく、手段を選ばん奴らだな。

さすがに当局はすぐに否定してるけど、反日運動を利用しようという魂胆は依然としてあるわけで、中国は今、なんとも危うい状況だなぁ~。
ほんと、その反日運動の方向が、いつ体制側に向けられるのか分からないな。
当局も冷や冷やもんじゃないの?
ま、自業自得だけどさ。

そういえば、2002年日韓共催W杯のときにも、韓国のネットでは、ありもしないガセネタが飛び交ってたな。
改めて言うことでもないけど、今は情報戦争の時代なので、何が本当で何が嘘なのか、私達もガセネタに乗せられないように気をつけないとダメですね。
まだ、こうやってネットで自分なりに情報を多角的に検証しようとしている人はいいですよ。
怖いのは、既存メディアに依存している人や、それさえも見ない人に対して、嘘の情報がパァ~ッと広まったときでしょうね。
例え、真実をネットで発信したとしても、それを知る機会が無いのだとしたら厄介なことです。
嘘情報を思い込み、既存メディアが真実を報道しないままだとしたら、怖いですよ・・・実際にアサヒはそうだし。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-15 01:15 | ニュース


<< ジリジリと追い込んでます      暴力が暴力を呼び込む >>