んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 14日

ひょんなことから事実が発覚したりして

悪性流感ウイルス、世界各地に誤配 WHOが警告(CNN)
> ロンドン──世界保健機関(WHO)と米疾病対策センター(CDC)は12日、米企業が世界各地の研究所に送ったウ
> ィルス標本の中に、悪性のインフルエンザ・ウィルスが含まれていたことが発覚したと発表した。感染力が強く、研究者
> から感染が広がる危険があるとして、WHOは標本を処分するよう呼びかけた。

おいおい、バイオテロでも起きたらどうするんだよ。

っていうかこのニュース、ある仮説を示唆しているようにも感じるな。
どこで読んだのか忘れてしまったけど(すんません;)、それは、「HIVウィルスはアメリカのウィルス実験の過程で作られたもので、それが偶然世界に広まってしまったものだった」という内容だったと思う。
鳥インフルエンザもそうだったような気がする。
あやふやな記憶で申し訳ないけど、つまり、「世界に蔓延している疫病の中には、人為的に広められたものもある」ということでしょう。
私にはその真偽のほどは分かりませんでしたが、このニュースを聞いて、先に挙げたウィルスが人為的に広められた可能性を完全には否定できないかも、と思いました。
その仮説によればアメリカが首謀者ということになりますが、今バイオテロを最も恐れているのは、当事者のアメリカのような気もします。
「因果応報」或いは「身から出た錆」にならないことを祈りますが・・・
本当のところはどうなんでしょうね?
[PR]

by k_milliard | 2005-04-14 02:11 | ニュース


<< 有権者をナメるな      我々ハ民族差別シナイ、アルヨ >>