んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 12日

逆にこれを利用しろ

対日知識欠く中国反日デモ 歴史問題 独裁の根拠 宣伝教育、染まる若者(Sankei Web)
>  今月二日の四川省成都市での日系スーパー襲撃事件をきっかけに、中国の反日運動は街頭デモに発展し
> た。中国ではデモは厳しく制限され、例えば住民らの陳情デモも許可されるケースはほぼ皆無で、無許可でや
> れば即座に弾圧される。今回の一連のデモについて、中国当局は、その暴力行為を含め黙認、擁護さえし
> た。官民一体の反日行動と呼ばれる理由だ。今後の反日ムードの高まりは避けられそうもない。

反日思想を国策に利用してきた「ツケ」がだんだん表面化し、中国は自らの首を締めようとしています。
今後、週末に散発的に同様の騒動が起きるかもしれないし、5月4日に最大級のものがくるかもしれません。
いずれにしても、現実問題として物的にも人的にも日本は被害を被ったのですから、引き続き明確な陳謝と賠償を強く求める必要があります。
また、日本もこの騒動を逆に利用するくらいのしたたかさがあってもいいと思います。

今、中国の都市部は好景気で市場も活発なようですが、ODAも含めて日本抜きでは考えられない発展のはずです。
であれば、今回デモ隊が主張していたような「不買運動」を逆に利用して、市場からの撤退や企業への商業活動の制限、或いは中国からの輸入品への課税額の引き上げなどをほのめかしてみるのはどうでしょうか。
現実的な問題として実際に企業の撤退とかは無理でしょうけど、こういう情報を流すだけでも中国への圧力になるはずです。
圧力のかけ方にはいろいろあるでしょうけど、中国が日本にアテにしているのは、企業を誘致しそのノウハウを吸収したり現地の人を雇用してもらったり中国製品を買ってもらったり、もっと直球で言うと「日本マネー」が目的でしょう。
だからこそ、その日本の最大の「アメ」を反日的な近隣諸国から取り上げようとするのは効果のある圧力のかけ方ではないでしょうか?
もちろん、それは同時に日本の企業へのダメージも考えられます。
しかし、日本が受けるダメージよりも、あちらさんのダメージの方が大きいはず。
で、こういう有効なカードは実際に切ってしまうよりも、先ほど言ったように実際にはやらずとも情報を流すだけ「ほのめかす」だけで十分です。
要は、こちらの要求を相手に飲ませれば目的は達せられるので、全部やってしまう必要な無い。
今回の件にしても、第一は邦人保護と安全確保にあるので、少なくともデモは良いとしても暴徒化しないように、中国政府に分からせてやる必要があります。
いくら口で「再発防止する」って言ったって、それは口だけですから何の信憑性もありません。
鎮圧出来なかったらどうなるのか、日本だって昔とは違ってやるときはやるよ、という態度を示すのが今求められているように思います。

ま、鎮圧の仕方は中国政府に任せますが、力の抑制が効かなくなって戦車でガーッってやっちゃうかもしれないけど・・・そうなったら、もう体制崩壊確定だな。
[PR]

by k_milliard | 2005-04-12 10:06 | ニュース | Trackback(10) | Comments(5)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1838765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from log at 2005-04-13 10:20
タイトル : 日露戦争の意義、米国&国連頼みの拉致問題、中国の情報戦
 ダライ・ラマ胞が靖国参拝なさるには「絶好の日和」、などと書いたその日からまた急激に寒くなってしまいましたね(涙)。週末の陽気とはうって変わり、雨もちらほら。これでは靖国の桜も一気に散ってしまいます。というわけで(?)、日曜日に撮影した靖国神社の写真をア..... more
Tracked from 旅限無(りょげむ) at 2005-04-14 12:18
タイトル : 「暴行事件」を見棄てる話
上海市内の飲食店で9日夜、日本人留学生3人が中国人に殴打された事件で、上海の公安当局は12日までに容疑者の男を拘束した。上海の日本総領事館が明らかにした。容疑者の身元など詳細は分かっていない。毎日新聞 2005年4月13日  ■日本人が「日本人であるという理由」だけで暴行を受けましたが、国内はとても静かです。各種のマスコミ報道を通じて、この奇妙な現象を理解できずに困惑している人々が、世界中に沢山いることでしょう。当然のように、在京の中国大使館が大群衆によって包囲された様子もありませんし、赤い国旗を燃...... more
Tracked from 1喝たぬき at 2005-04-14 17:55
タイトル : 日本のガス田試掘権手続き、中国「重大な挑発」
 日本政府が東シナ海で、日本の民間開発業者に、天然ガス田の試掘権を与える手続きを始めた。中国は「中国の権益と国際関係のルールに対する重大な挑発だ」と非難し、中国側は一貫して双方が外交交渉を通じて解決すべきだと主張してきたと強調した。  続きを読む前に、... more
Tracked from 海老名誠の身辺雑記 at 2005-04-14 18:10
タイトル : 国際的ルール
外務省と云う役所は今まで外国プレスに対してろくな対応をして来なかったようだ。 東京新聞 過激さが増す中国での反日運動に、外務省は水面下で外国プレスへ日本政府の主張をアピールする作戦を進めているという。 〔「この問題では、日本政府側と記者がお互い忌憚(きたん)のない意見を交換することが重要だ。そのため近く二、三人の少人数ごとでの昼食会が開かれる。外国メディアはそれぞれに、取り上げ方に温度差があるし、間違っている場合もある。どのメディアが、どういう報道をしているかを分析しながら応対することになるだろう...... more
Tracked from わし的コラム日記 新館 at 2005-04-14 18:24
タイトル : 暴徒化
中国でまた反日デモがあり、暴徒化した。北京の日本大使館に投石などを行い、一部施設に損傷が出た。「日本を消滅させよう!!」「日本を叩きのめせ!!」とのことだ。考えようによっては好都合だ。このままいけばいずれ被害者が出る。天安門の頃と違い、インターネットがあり、共産党も... more
Tracked from あさひ素材 社長雑記 at 2005-04-14 18:39
タイトル : 後出しジャンケン
中国での反日騒動が、日本のマスコミでも大きく取り上げられるようになって来ましたね。 国民の関心が高いから大きく取り上げるのか、マスコミが大きく取り上げるから国民の関心が高まるのか、どちらかは定かではありませんが、中国での反日デモの様子はニュースからワイ... more
Tracked from 紙は神に勝利(ペーパーク.. at 2005-04-15 13:18
タイトル : パンダ親子へのインタビュー
クリックすると大きな画像になりますパンダ親子を作製して見ました。  ペパクラ報道特集2005 パンダ親子へのインタビューetc.インタビューに答えるのは21Yamaha.com様世界の希少動物シリーズの型紙パンダ父親のパンパンさんと、ご子息のダンダン君です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・インタビューする私はペパクラ放送局   新米老眼アナウンサーの こんどう迷夜怪鳥♪♪                    が、お送りいたします。・・...... more
Tracked from 紙は神に勝利(ペーパーク.. at 2005-04-15 13:19
タイトル : 篆刻 【神融 筆暢】
クリックすると大きな画像になります篆刻のお披露目です。遊印 題名は  【神融    筆暢】 しんゆう ひつちょう  7,5cm四方の石材です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペパクラ報道特集2005 パンダ親子へのインタビューetc.インタビューに答えるのは21Yamaha.com様世界の希少動物シリーズの型紙パンダ父親のパンパンさんと、ご子息のダンダン君です。・・・・・・・...... more
Tracked from 社長の本音日記 at 2005-04-15 22:25
タイトル : 反日デモ プロ野球 ガソリン高騰 最近の記事をフォローする2
昨日に続き、最近書いた記事のその後の状況をフォローします。 ============== 4月5日「中国の反日デモ 愛国教育の行く末は想定外?」 http://blog.livedoor.jp/ken123atara456/archives/18059099.html 4月10日「反日運動から学ぶ日本に必要な愛国... more
Tracked from 紙は神に勝利(ペーパーク.. at 2005-04-18 03:52
タイトル : 私的考察 中国を考える
大きすぎる 面積も人口も故に弊害が満ち溢れ傷口の膿みのように溢れ出てくる、中国の歴史は文化大革命により消滅してしまった、共産主義により一般人の心の中はズタズタに切り裂かれてしまった倫理観、安堵感、尊敬して敬う気持ち人間にとって一番大切な信教、思想の自由さえ取り上げてしまい13億の民は迷走し そして戸惑うetc.不安と焦燥を煽り全ての物事に蓋をしてしまい、良識にも耳を貸さずに、ただ怨念を述べるだけ協調と言う言葉さえも、心より沸き出でず故に国際的協調性の無い巨大国家。今国家で押さえ込む事など出来ない様な付...... more
Commented by カエル at 2005-04-12 17:51 x
他人の引用だけど、台湾メディアでは日本人黒幕説まで出ている。
思わず笑ってしまったが、親中派の華僑の発言で、
反日デモは中国のイメージダウンを狙った日本の卑怯な工作だって。

------------------- リンク先を翻訳
<台湾、多維新聞(国民党派)、4、11、21:31>

この一説がある:反日激情のデモは、日本がそそのかしたのかもしれない

北京の民衆デモが、日本の駐中国公使館と大使の官邸に小石を投げた暴力事件について、鳳凰衛星
テレビの評論員の阮次山は、日本が、舞台裏でそそのかした可能性が有り、目的は中国人のイメー
ジを破壊するためだと、今日言う。

阮次山が鳳凰衛星テレビの番組の司会者の劉珊玲に問われて、「悪くすると日本がお金を出してい
くつかの激烈な行動を起こさせているのだ」、日本側は全世界のメディアを通すことを望んで、中
国の若い人の理性的でないところが現れて、中国人のイメージを破壊する。(後略)
-------------------

こういう発言が出るって事は、暴れぶりがかなりショックだったんだと思う。
Commented by hide at 2005-04-12 19:56 x
こんにちは。
直接的な被害を被っている日本としては、仰られるようにこの機会を利用して
外交交渉を活発化させてもらいたいものです。中国国内の諸問題のガス抜きに
一々付き合わされてはたまったものでありません。
個人的な見解ですが、こうした機会を利用して国民に対して日本政府がどのよう
な見解を持ち、今後どのように進めていくのか米大統領のTV演説のようなものを
上映してみてもとは思っています。それを国民がどのように受け止めるかは各人
に委ねるとして。
やっぱりテレビや新聞のメッセージは未だ影響力が強いと思います。こうした
従来メディアを利用して政府には一歩踏み込んだPRを期待したいと思っています。
貴殿ブログはじめ、政治的な諸問題を扱うブログは色々あるもののバランスよく
見られているものが多い(と自分が信じている!?)ので参考にさせてもらって
いるのですが、TVは本当酷いですね。どっちに向いているのか、日本人として
語っているのか分からないものが本当多いです。見ていて気分が悪くなる・・・
Commented by k_milliard at 2005-04-12 20:37
カエル さん、こんにちは~
本当にこんなコトが出来たら、逆に日本スゲーなって思ってしまいます。(笑)
まぁ今回の件は、結果的に中国のイメージダウンにはなったと思うので、そこまで読めずに大使館等を攻撃させた中国政府に「?」がついてしまいます。
デモ行進までで止めときゃ、それなりに効果はあっただろうに・・・
Commented by k_milliard at 2005-04-12 20:45
hide さん、こんにちは~
アメリカでは定期的に大統領が国民向けにテレビとラジオで演説をするそうですね。
たしかに、日本でも要所要所で首相の考えをメッセージとして聞きたいと思います。
それは私達向けにもそうだし、対外的にも意味のあることのように思います。
それと、既存メディアとネットで、扱われる情報の温度差がこれほどあるのは問題ですね。
まだまだ、ネットとは無縁な既存メディアに依存している人は多いですから、今後の私達ブロガーの使命というと大袈裟ですけど、いかにしてこの既存メディアだけに依存している人たちに影響力を持つか、だと思います。
まだその方法は私にも分かりませんが、とにかく時代は変化している最中だと思うので、可能性を信じたいですね。
Commented by hide at 2005-04-12 21:30 x
コメント返して頂き有難う御座います。
個人的にですが、時事問題を取り上げるブログは従来のメディアの立場を
根底から揺るがすものだと思っています(大げさな表現ですがそうだと思い
ますよ!)。
新聞メディアは論説者の経験・知識と構築された主張のクオリティを言いたい
のでしょうが、一方ブログはある問題についての閲覧者のコメント、トラック
バック機能による情報の縦幅・横幅の広がりがあって、見る者が事象を客観的
に捉えやすくしています。勿論見るものの主義主張が情報の取捨選択、見え方
を決めていくのでしょうが、新聞以上に見る者に判断・解釈を促す点で新聞より
は自己学習できる部分が多いです。
ネットは確かに既存メディアより影響力はまだまだだとは思いますが、それ以前
より遥かに状況が違ってきている事、影響を及ぼしつつある事は確かですし、
色々ご多忙でしょうけれども、これからも頑張って下さい。


<< 大国同士の思惑      ×反日デモ → ○日本への敵対行為 >>