んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 22日

暗黒の世界

人権擁護法案、与党懇話会に差し戻し(Sankei Web)
> 今国会での成立を強く求める公明党は、自民党部会で提案された「人権擁護委員に
> 国籍条項を設ける」「メディア規制条項の削除」などの修正案に難色を示している。
> 古賀氏は、公明党と連動する形で巻き返しを図るとみられる。
>
>  古賀氏「福岡2区の補選(の選挙協力)も含めて公明党と話はついている。何とか
> 国会の場に議論を移してほしい」

間もなく開設してから1年が経つ当blogで様々な発言をしている私としても、人権擁護法案には「もちろん」反対です。
どうしてこんな法案が提出されようとしているのか、その背景がイマイチよく分からなかったのですが、この記事で「なるほど」と納得できました。
あの公明党ならやりそうなことだ。

小が大を制す

ダメダメダメダメ
ほとんどの日本人にとっては「百害あって一利なし」だよ、こんなの。
そりゃー公明党にとしてはいろんな「利」があるでしょうね、「御大」を擁護しなきゃいけないし。
それと、権利を都合良く解釈している人達による「権利の乱用」が目に見えている。

やっぱし公明党はダメだな。
選挙の度に公明票をお願いしてくる学会員の親戚は、どう思ってんのかな。

この日本を暗黒の世界にしたらアカンでぇ!
[PR]

by k_milliard | 2005-03-22 00:43 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1771464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from (プの遺産 at 2005-03-23 21:20
タイトル : 【反日利権】在日が差別を必死に宣伝する理由
以下の文章には、差別ではなく、理不尽が書き連ねてあります。 【何がある?-うさぎ仙人-の日記】より 貧乏な在日韓国人は、差別を理由にして、政府から生活保護という名称のお金を受け取ることができます。金額は... (家族の人数×40000円)+40000円 つまり、夫婦と子供一人の三人家族だと、 毎月16万円、日本政府から貰える。 子供が三人に増えれば、24万円!!!!!!!!!! ・在日は生活保護をもらいながらベンツに乗って公団住宅に住んでいる。 ・在日全体の22%が生活保護受給者。 ・朝...... more
Commented by カエル at 2005-03-22 16:39 x
誰もが例外なく加害者にされてしまう法案でしょう。
法案を作った法務省や支持している創価だって安全地帯でいられる保障は何処にも無いぞ。
Commented by k_milliard at 2005-03-23 00:57
カエル さん、こんにちは~
そうですね、こんな危ないモノ、いつ自分に向かってくるか分からないのに。
まさか自分達だけの特権とでも思っているのでしょうかねぇ。
Commented by abusan at 2005-03-23 02:16 x
創価学会は在日社会に対して手をスリスリしながら自らの既得権益を確保
しようと必死になっている様ですが、対立する宗教、宗派、政党の猛反撃
を全く想定していないと私は受け止めてます。勿論、在日社会も個人に
依って信仰の対象が違うでしょうから創価学会に対する「警戒心」もある
事だろうと想像に難くありません。

ちなみに韓国でも゛天理教」が意外と普及していると言う「データー」も
あります。例えば天理教信者の有る人が池田大作氏を名指し批判
した声明を出した場合 、もし、「人権擁護法案」が原案通り通った
のならその法案通り「天理教」そのものが警察の監視対象になって
しまうことは想像に難くありません。尤も私自身は日蓮宗系の
仏教徒であって天理教信者ではありませんが(^^;ゞポリポリ
(ちなみに身延山を本山とする日蓮宗派です(^^;ゞポリポリ
誤解の無いように言いますと私自身は靖国神社の主旨に賛同
する者でありますm(__)m但し、石原知事とは違う「派閥」ですが)
Commented by k_milliard at 2005-03-23 03:21
abusan さん、こんにちは~
新潮なんか真っ先に廃刊でしょうねぇ。(笑)
そうですか、天理教が結構普及してるんですね。
もう、こんな法案が通ったら、ますます言ったもん勝ち、声のデカいもん勝ちな世の中になりますね。
怖い怖い・・・そんな世の中絶対に嫌だな。


<< 私たちに出来ること      毎度のことですが・・・ >>