んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 04月 19日

有権者の責任

イラクでの一連の事件で、自己責任が問われた。
というより、自己責任とは何か?が議論になった感がある。
私は別の視点から今回の事件における責任とは何かを考えてみた。

まず、人質事件がなぜ起きたのか?について、
「日本政府がイラク派兵を決定したから事件が起きた。
 だから、責任は日本政府にある。」
という主張があった。

周知の事実であるが、決定に至るまでの間に衆議院選挙があった。
ここで小泉首相は、
・イラクに侵攻したアメリカの支持
・自衛隊のイラクへの派兵
を名言していた。
別の言い方をすれば、小泉首相は公約どおりイラク派兵を決定し実現した。
それを支持したのは言うまでもなく日本の有権者である。
政府が独断で決めた派兵ではない。
もしこれが、「イラクに派兵しません」と言っていたにも関わらずイラク派兵していたとする。
そして今回の事件があったのなら、
「事件が起きたのは日本政府のせいだ」
と言われても仕方あるまい。
国民の意思に反しているのだから。

だが現実はそうではない。

「いや、私は派兵に反対だし、現政権を支持してない」
という人は多いと思う。
私もその一人だ。
しかし、だからと言って政府の方針というか意向に背く行為は許されるのであろうか?
最近、隣国で選挙があったが、負けた陣営が結果をなかなか認めずかなり混乱した、というコトがあった。
我々は、まがりなりにも民主主義というルールの中で生きている。
それを、結果が気にくわないからといって、ちゃぶ台をひっくり返すような行為が許されてよいものだろうか?
もしこれを認めてしまったら国内は混乱するし、なにより憲法違反だろう。
「助けを求めている人がいるから」と言う美談の名の元に、政府の意向に背く行為は許されるのか?
厳しい言い方かもしれないが、許されないのではないか。

ファルージャの悲惨な戦闘の話が伝わっている。
悲惨な話を言えば、アフガニスタンの戦闘でも村ごと壊滅させられたような話が伝えられていた。
悲惨でない戦闘のほうが珍しいだろう。
イラク派兵を支持した、というコトは、このような悲惨な話も受け入れます、というコトではなかったのか?
それを、今頃になってというと言いすぎかもしれないが、騒いだところで遅いのではないか?
今、反対活動とかデモとか署名をするのは構わない。
誰がどのような主張をしようと勝手だ。
しかし、有権者の総意で一旦決めたコトは、ルールを守り責任をもって対処する。
それが有権者のあるべき姿ではないのか。

従って、今回の事件を「自己責任」ではなく「有権者の責任」として見た場合、人質になった方には厳しい言い方になるが、有権者が支持する政府の意向に反したのだから、「勝手な行動だった」と言わざるを得ない。
(18歳の彼の場合は、それを止めなかった親や周囲の大人の責任と言えます。)
[PR]

by k_milliard | 2004-04-19 19:07 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/177099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スタイルシートのバグにも.. at 2004-04-20 20:39
タイトル : あんぐるぐる顛末記
 おれは小学校3年の頃だったかな、河で溺れたことがある。  タイコウチという水生昆虫を逃してしまい、それを追いかけ深みにはまった。  一級河川で水量も多く、つま先が立つか立たないかという深さを流されて行った。水面ごしに、呆然と立ちすくむ友人の姿が見え隠れした。  「この機会を利用して泳ぐことを覚えてやろう」とも考えたが、どうしようもなく、立った姿勢のまま流された。    大きな石が片足に引っかかり、体が止まった。必死でその体制を保とうとした。水面から顔が出たり入ったりしている。  そのときかな、明日の朝刊の三面を想像した。  「小学生、○○川で水死!...... more
Commented by うし at 2004-04-20 03:26 x
>有権者が支持する政府の意向に反したのだから、「勝手な行動だった」と言わざるを得ない。

君の言っているのは多数決主義であって、
民主主義とは違うし自由主義に反する。
ついでにいえば政府の国民の保護責任は過失がある場合でも免責されることはない。
それぐらいのことは覚えておこう。



Commented by k_milliard at 2004-04-20 09:27
コメントありがとうございます。

最後の行は、どう締めくくっていいのか悩んだ末このように書きました。
ご指摘ありがとうございます。

>ついでにいえば政府の国民の保護責任は過失がある場合でも免責されることはない。
それぐらいのことは覚えておこう。

私も免責されるとは思ってません。
どのような状況であっても政府が救済するべきです。
「自己責任だから放っておけ」ということを言いたいためにこれを書いたのではないのです。
他の言い方をすれば「日本人としての自覚」とでも言いましょうか。
決して、政府に責任がないから見捨てろ、などとは思ってませんので。


<< 善行の人      政府が何もしてない? >>