んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 13日

どうなるかは自分しだい

派遣社員の最低賃金、派遣先基準に・厚労省(NIKKEI NET)
>  厚生労働省は労働者に支払う賃金の下限を定めた最低賃金制度を抜本的に見直す。派遣社員の場合、
> いまは所属する派遣会社を基準に最低賃金が決まるが、派遣先の会社の地域・業種に合わせる仕組みに改
> め、同じ職場のアルバイトより最低保証額が低くなるなどの弊害をなくす。都道府県別に決めている最低賃金
> の地域区分も広域化し、格差を減らす方針だ。

私は派遣プログラマーとして仕事をすることが多いです。
最低賃金がどのような基準で決まるのか、というのは興味深いですが、これを時代の変化に合わせて見直そうという動きですね。

これは私のグチだと思ってもらっていいんですが(笑)、派遣先に行くと私よりも仕事の出来ない正社員の方が結構いたりします。
そんなトキはつい、「この人、私よりもたくさん給料もらってんだろうなぁ・・・」と、ひがんでしまうコトがあります。
私は企業に属していないから収入が不安定なのは当然のことなんですけど、会社を辞めてから羨ましく思うようになりましたね、正社員であることのメリット。
その反面、非正社員は基本的に頼るものが自分だけですから、そのへんの自覚はちゃんと持っているつもりです。

去年、1ヶ月だけ警備の仕事をしましたが、あの仕事は日払いで、時給に換算するとマクドのバイトよりも低かったです。
あのトキも、他のおっちゃん達よりも私の方がいい仕事をしていた自信があったので、同じ賃金をもらっているということに少々不満がありました。
不満があってもそういう契約ですから、どうしようもないんですが。
「要するに金かい!?」って怒られてしまいそうですが(笑)、まぁ、グチということで許して下さい。

で、警備のそんな安い賃金の仕事であっても、それしか出来ないようなおっちゃん、いや中にはおじいさんもいたな・・・達と一緒に仕事が出来たのは良い経験でした。
私も含めて、人それぞれ様々な事情で警備のバイトを選んでいたワケですが、生きるためにしょうがなく来ているような人もいました。
そういうおっちゃんを見ていると、その人には悪いですが、「あんなふうにはなりたくないな」と思いましたね。
それは警備のバイトが悪いんじゃなくて、年金を受給するような年齢なのに低賃金の仕事にしがみついてでも働かなくては生きていけない、という厳しい現実を目の当たりにすると、なんとも悲しい気持ちになりました。
同年代のおっちゃんでも、小遣い稼ぎに来ているような人とは仕事に対する必死度が全然違いますから、顔を見たら分かりますよ。

若いうちはいい。
仕事が無い無いと言っても、いざとなれば体を張った仕事が出来るから。
でも、50・60才を超えてくると、出来る仕事も限られてくる。
しかし、働かなくては生きていけない。

やっぱり、若いうちに働くだけ働いて、人生設計もちゃんと考えておかないと、人生の終盤を寂しく迎えることになりかねないですね。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-13 13:08 | 寸評 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1743218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuzuruha_neko at 2005-03-14 00:26
>若いうちに働くだけ働いて、
>人生設計もちゃんと考えておかないと

あああ鼓膜が破れるっ!
今は働く事も稼ぐ事も楽しいので夢中ですが、人生設計なんて全然考えていません…。
漠然と「嫁に行ってダンナに食わせてもらおう」くらいしか…。
年老いて野垂れ死にしたらその時は仕方ないですが、
一応考える余裕がある時に考えておかなくちゃいけないですよね。
私はどうも人生を刹那的に楽観的に捉えすぎていてアカンです。
耳の痛いご意見を拝聴できるのも今のうちかもしれない。
ありがたい事です(^_^;A
Commented by k_milliard at 2005-03-14 10:29
yuzuruha_neko さん、こんにちは~
私、家では妻にケツ叩かれてますよ。
「これからどうすんの」って常に言われてます。 (^^;
私も独身の頃は人生設計なんて、なんっっっっっっっにも考えてませんでした。
状況が変われば考え方も変わる、ということでしょうねぇ。
Commented by abusan at 2005-03-14 13:11 x
人生設計というと(〇o〇;)ギクゥゥゥ!!と来ますね。
仕事が云々にしても、自分はどうなんだと・・・・・・・・・

自分自身が恥ずかしくて語る言葉もありません(__;)
Commented by じゃいこ at 2005-03-14 21:17 x
こんにちわ、
私も警備の仕事や道路工事のお仕事大型店舗の駐車場係りの方の中のご年配の方を見るにつけ、なんであんなきつい仕事を選んでいるんだろう、他の職種を選べなかったのだろうか、と考えたりしていました。
自分の老後を重ねたことはなかったので、ちくりときました。。。
でもふと、ある程度偉い地位について、お金に困らない生活を手に入れたとしても、自分のジャッジで人生が変わってしまった人がいたり、西武堤氏や一部政治家のように、部下が人生を終えてしまうようなことがあったり、誰かを犠牲にして得たお金や地位であったりしたら、それはそれでやってきた自分の仕事や人生が豊かであったとはいえないですよね。そう思うと、たとえきつい仕事しか従事できない状況であっても、少なくとも誰かを貶めて今の自分がいるわけではない人生の方がよかったりするかもしれません。比較にならないとは思いますが。
Commented by じゃいこ2 at 2005-03-14 21:18 x
(すみません、↑入らなかったので続きます)
体力がきつくても必死で肉体労働しなくてはならないとしても、お金のためでもその仕事ができる自分の体が健康であることをありがたく思えればいいのでしょうか・・・。
厳しい肉体労働に従事したことも、そんな環境にいる方々と直接お話をしたこともない、もやしっ子の私が偉そうなことを言ってすみません。
仕事があるって有難いですね。。と言いつつ、またロト6買ってしまいました・・・。
Commented by k_milliard at 2005-03-15 00:37
abusan さん、こんにちは~
いや~、エラそうに書いちゃいましたけど、私もどうですかねぇ。
まぁ、今ちゃんとやんなきゃいけないという切迫感て言うんでしょうか、そういうのは以前よりはありますが、妻から言わせれば、まだまだ甘いとつっこまれそうです。 (^^;
Commented by k_milliard at 2005-03-15 00:47
じゃいこ さん、こんにちは~
その人にとってどうかなんて、本人にしか分からないですもんね。
その日暮らしの生活が性に合っててそれが幸せな人もいるでしょうし、本当は嫌だけどしょうがなくやってる人もいるでしょうし。
私が見たおじいさんは、私の父に少し面影が似ていたということもあって、切なかったですね。
父はいわゆる土方でしたので、晩年は日雇いの仕事もやっていたということもあったので。
いずれにしても、自分の体で能力で真っ当に働いてお金を得ているのですから、立派なことに違いはありませんね。


<< 見たくないものは見ない、という逃避      これをきっかけに >>