2004年 04月 16日

無事でなにより

人質が無事開放されて良かったですね。

今まで控えてましたが、無事開放されたので被害者および被害者の家族に関して思ったコトを書きます。

被害者3人の家族が東京に集まった後のことだったと思います。
会見の席で、人質になった家族の救出を訴えている映像がニュースなどで放送されていました。
あれを観て、
「これは、誰に向かって言っているんだろう?」
と、素朴に疑問に思いました。
だって、救出活動の基本は政府が担っているはずで、救出をお願いするのであれば政府関係者にするだけでいいのに、と思いました。
日本国民に訴えているのだとしたら、我々にどうして欲しいということなのか、と。
政府に対して「犯行グループの要求に応じて欲しい」ということを署名活動とか電話やメールで言えばいいのか。
だとしても、やはり結局は政府にお願いすることになるし。
あるいは、イラクの人に向かってなんらかのアクションを起こして欲しい、ということなのか。
だとしたら、それは政府と合意してやっていたのだろうか?
それが正しいことだとしても、政府の救出活動の妨げになるかもしれないので、協調して行うべきだろう。

いや、家族の救出を訴えるのが悪いと言ってるのではなくて、今までに無い違和感を感じたので。

それと、開放されたあとの映像を観てあらためて思ったんだけど、18歳の彼、まだまだ子供じゃないですか。
ダメですよ、子供をあんなトコにやっちゃ。
どうして周りは止めなかったんですかね?
NGOの活動がどうしてもやりたいのなら、3年なり5年なり社会人として経験を積んで、大人になってからでもいいと思うんですけど。
そして、あのような危険な場所に行くのであれば、家族をちゃんと説得して、納得させて行くべきでしょう。
もし不幸にして亡くなっていたら、こんな親不孝ないですよ。
人の心配する前に、自分の家族を不幸にしないことも考えてあげたら、と思いますよ。
これは彼だけではなく、3人に言えることですけどね。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-16 10:31 | 寸評


<< 政府が何もしてない?      手段を選ばない人達 >>