んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 04月 12日

国民の責任

イラク日本人人質事件について

私はイラクへの派兵に反対だし、派兵さえしなければ今回の人質事件も発生しなかっただろうと思う。
しかし、
「日本政府は人質事件の責任をとれ」
という強硬な主張はおかしい、と思う。

いや、国に責任が全くないとは思わない。
そうではなく、国に責任問題を問うその言い方が他人事のように聞こえるのがおかしいと思うのだ。
なぜなら、言うまでもなく現政権は昨年秋の衆議院総選挙の結果を受けて成立している。
選挙前から小泉首相は、

・イラクに侵攻したアメリカへの支持
・イラクへの自衛隊の派遣(派兵)

を明確に言っていた。
つまり、有権者の皆さんが現政権を支持したのであり、イラク派兵も支持した。
世論は二つに割れて支持派と反対派がいたが、結果として日本人の総意として与党を支持してしまったのだ。
その事実がある。
なにも、小泉政権は独断でイラク派兵を決めたのではない。
あくまで民主主義のルールに則って行われたにすぎない。

だから、イラク派兵について責任うんぬん言うのであれば、その責任は国にもあるし日本国籍の有権者全員に等しく圧し掛かる問題のはずである。

日本人は、合法的に戦争を避けられたかもしれない最後のチャンスをフイにしてしまったのだ。
仮に民主党が政権を取っていたとしても、イラク派兵は避けられなかったかもしれない。
しかし、反対派の意思表示は明確に打ち出せていたはずだ。

それと、今回の人質事件であるが、これは事前に十分避けるコトが出来た事件であろう。
スペインの無差別列車爆破テロのように、平穏な生活の中に突然訪れたテロとは違うのだ。
つまり、イラク派兵を原因として日本へのテロは必然かもしれないが、今回の事件は防げたはずなので、これをもって政府批判を強くしすぎるのはおかしいと思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-12 15:12 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/153712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 便乗要求      いやな空気 >>