んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 28日

教訓を貢献に

スマトラ沖大地震においては、過去に度重なる地震及び津波の被害を受けてきた日本に出来ることがたくさんあるように思う。
自然災害で先進国というと失礼な話かもしれないけど、日本はこの分野での研究や対策は他の国よりも長けているはず。
当面は救済・復興での援助が中心になるかと思われるが、長い目でみて、国家間の防災システム構築とか、日本ならではの貢献というものが出来るんじゃないだろうか。
漠然とではあるが、今年の台風・地震の被害とも重ね合わせて、私達にできることを考えてみたい。
[PR]

by k_milliard | 2004-12-28 12:53 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1485258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tomorrow's Way at 2004-12-28 18:47
タイトル : 日本の防波壁がモルディブを救った――と、毎日の記事に。
スマトラ沖地震、インド洋津波の続報――。 ニュースサイトを開いたところ、沿岸諸国の死者は 2万3000人を超えてしまっているとのこと。 その中で毎日の記事に少し救われる気がした。 このようなときに我田引水にも思え、 気恥ずかしくもあるのだけれど、見出しは次のよう。 「日本の防波壁が首都を守った―モルディブ」(マレ、福本容子)。 ・毎日→http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20041228k0000e030054000c.html 記...... more
Commented by yuzuruha_neko at 2004-12-30 00:18
生まれた時から日本に住んでいるせいか「地面が揺れるのは当たり前の自然現象だ!」と叫んでしまいますが、それでもやはり地面が揺れるのは途方もなく怖いし水害・土砂・火事など二次的・三次的な地震災害も恐ろしいです。
こと自然災害に関しては日本はそもそも立地条件がとてつもなく悪いために何度も大きな災害に罹災して、そのたびに教訓を活かせるようにたゆまぬ努力を続けてきているので先進国と言っても過言ではないでしょう。
チリ津波から日本の防災対策は地震と津波がセットになり、環太平洋諸国とのネットワークを強化して地震が起きればいち早く津波の危険があるかなしかを国民に伝えるようになりました。
今回罹災した地域の方々に貢献できる事が必ずあると私は信じています。
Commented by k_milliard at 2004-12-31 02:17
yuzuruha_neko さん、こんにちは~
被害の大きさもそうですが、津波の映像がショッキングでしたね。
警報もなく突然あんなのに襲われたら逃げられないですよ。
やっぱり、万が一の備えというのは大事だと痛感しました。
今まで日本が自然災害に対して取り組んできたことが他の国でも有効に活用できるように願いたいです。


<< 先のことは誰にも分からない      サイレントナイト >>