んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 12日

これって大阪だけ?

11日の朝、よみうりテレビのあさパラ!を観てました。
その中で拉致事件のことを取り上げていて、勝谷雅彦氏が熱弁を奮っていました。
それはいいのですが、話の後半で「ハイヒール」のリンゴさんが以下のような趣旨のことを言いました。
「こういうこと(北朝鮮の提出した証拠が全てデタラメだと判明したこと)があると、関係の無い人(朝鮮人)がイジメられるので、やめてください」

たしか、同じこの番組だったと思うけど、以前にも「けつかっちん」の和泉修さんが同様の発言をされていました。
他の地域ではどうなのか知りませんが、この大阪では、どうやら吉本芸人によるこのような発言が目立つような気がしています。
少なくとも、このような発言をされるということは、朝鮮人が目だってイジメられているとか刑事事件が起きて社会問題になりつつあるとか、そのような話があるのが前提だと思います。
しかし、私が知る限り、そのようなニュースは最近聞いてないので、特に今回のリンゴさんの発言は一体何を指して言われたのか、腑に落ちませんでした。

日本人にもいろいろいるので、例えば民族衣装を着た女子学生に心無いことを言ったりする人もいるかもしれません。
しかし、ほとんどの日本の人はそんな愚かなことはしないと思います。
その理由の一つは、拉致事件を起こした北朝鮮に対して経済制裁を求める声が高まってきているとしても、それと身近な朝鮮人とを短絡的に結びつけて攻撃するほど日本人はバカじゃないということ。
もう一つは、そんなことをしたら、朝鮮人社会或いは朝鮮系の組織からの報復が怖くて、やりたくてもやれないということ。

この手の発言は、言っている本人は人道的見地からの「善い」行いのつもりでしょうけど、どうにも私には、ロクに証拠もないのに「おまえが犯人に間違いない」と言っているのと同じような危うさを感じます。
と同時に、北朝鮮への怒りを沈静化させる働きもあるんじゃないのか、とも思えます。
悪く勘ぐると、テレビや新聞でこういう発言を繰り返すことによって、あたかも「朝鮮人は常に被害者である」という虚構に向かって印象操作をしているんじゃないか、とさえ思えてきます。
[PR]

by k_milliard | 2004-12-12 01:38 | 拉致事件関連


<< 何も信用できない      一線を越えたか? >>