2004年 11月 01日

マネージャーとしての資質

タレントの島田紳助さんの傷害事件について。

紳助さんについて私の印象は、バラエティ番組での司会は抜群に面白いと思いますが、一人の人間としてはあまり好きなタイプの人ではありません。

紳助さんが暴力をふるったのが悪いのは当然の話ですが、それよりも、どうして話がこれほど大きくなったのでしょうか。
被害を受けたという女性のマネージャー。
マネージャーとは、担当のタレントの営業活動をして会社に利益をもたらす役割の存在だと思います。
別の言い方をすれば、マネージャーはタレントの仕事をサポートするのが仕事です。
であれば、マネージャーとしてこの騒ぎの大きさをどう考えているのでしょうか。
吉本興業としては、多大な迷惑・損失を受けたはずです。
もちろん、それは殴った紳助さんが悪いんですけど、被害を受けた女性がプロのマネージャーであれば、暴行に至る前に彼女はこれを未然に防げたのではないかと思います。
紳助さんから見て彼女が失礼な態度に映った、というのが事の発端のようです。
で、彼女が同じ吉本興業の人間だと分かり紳助さんは激怒しました。
もし彼女に全く非が無かったとしても、この時点で誤解を解くように、或いは、紳助さんの怒りを静めるように振る舞うべきではないでしょうか。
そして、殴られた後も、いきなり警察に通報するのではなく、まず会社とか上司に報告するのが筋だと思います。
病院に行くのはその後でもいいのですから、どうして社内の揉め事をいきなり警察に届けたのか、マネージャーとしてその行為はどうなのかと思います。
相手が悪いにしても、その結果会社に損害を与えてしまうかもしれない、という考えはなかったのでしょうか。

28日のニッポン放送「ナイナイのオールナイトニッポン」で、岡村さんがこの件について触れていました。
会社からは触れないようにと言われていたらしいです。
岡村さんは、「紳助さんが記者会見で100%僕が悪いって言ってたけど、100%ってことないでしょ。」と紳助さんをかばう発言をしていました。
お笑いの世界、吉本興業は上下関係が厳しい社会のようです。
紳助さんが何の理由もなくマネージャーを殴るはずもなく、やはりきっかけになる何かがあったのは間違いないでしょう。
きっと、このようなコメントは同じ吉本興業だけでなく、タレント全般多くの人が紳助さんをかばうように思います。
また、同業の他のマネージャーはどう思っているのでしょうか。
そもそも、そんな失礼な態度をとらないのかもしれないし、いきなり警察に言わないよ、というのかもしれません。

いずれにしても、この被害を受けたというマネージャーは、この件で今後マネージャーとして仕事をしずらくなったと思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-01 12:05 | 寸評


<< これが世界最高の民主主義かよ      今年の定番:便乗撤退要求 >>