2004年 11月 01日

今年の定番:便乗撤退要求

イラクで殺害された香田君。
状況からみて今回は厳しいだろうと思ってましたが・・・
もう亡くなられたので、彼に対するこれ以上のコメントは止めておきます。

親からもらった大切な命、大事にしましょう。


お決まりのように、自衛隊の撤退を主張する市民グループが集会をしたりコメントを発したりしていました。
ここぞとばかりの便乗撤退要求。
香田君の救出を訴えるフリをしつつ、あわよくばご家族を巻き込んで自らの運動を盛り上げようとする意図を感じます。

香田君が殺害されたのは自衛隊をイラクに派遣した日本政府の責任だというのなら(私はそう思わないけど)、その政府を選んだのは誰なんだ。
実行犯のイラクの武装勢力は非難しないのか?
彼らを見ていると、自分の思い通りにならずにダダをこねて親を困らせている子供のような「甘え」を感じます。
政府を批判するのは勝手だけど、その責任、あんたにもあるんやで。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-01 11:04 | 寸評


<< マネージャーとしての資質      日本人の不幸を喜ぶ人達 >>