2004年 10月 26日

日本人の不幸を喜ぶ人達

十数年前の話になるけど、親戚の家に遊びに行ったとき、たまたまテレビで大きな事故のニュースを報道していました。
かなりの人数が死亡もしくは行方不明という報道だったと思います。
すると、それを観た家の主が唐突に大きな声で
「死ね!死ね!みんな死んだらええねん!」
と言いました。
冗談で言っているのかと思ったけど、どうやらほとんど本気のようでした。

不幸な状況に遭っているのが日本人だから、こんなヒドイことを言ったのか、その真意のほどは分かりません。
しかし、仕事で日本人と取引したり日本人の中で暮らしているにも関わらず、韓国・朝鮮人の中には日本人の不幸を喜ぶ人達が確実にいます。
私の親戚も、その類だと思います。
特に、二世くらいの戦後を知っている世代はその傾向が強いのではないでしょうか。

今年の度重なる台風被害、新潟県中越地震の被害。
あの親戚は、今頃なんて言っているのか。

日本人からすれば、どうしてそんなことを言われないといけないのか理解できないと思いますが、彼らにしてみれば理屈ではないのでしょう。
日本人を目の前にして、平気で「私、日本人嫌いだから」って言う親戚もいます。
日韓の相互理解というのがいかに難しいことなのか、こんな反応をする人とどうやって理解を深めたらいいのか。
理想は大事ですが、現実は厳しいです。
[PR]

by k_milliard | 2004-10-26 14:19 | 朝鮮


<< 今年の定番:便乗撤退要求      外交上正しくない・・・ってか >>