んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 18日

議論にならないってどういうこと?

10月16日 よみうりテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」

最初のテーマが「南京大虐殺」でした。
新聞のテレビ欄で知っていたので、とても楽しみにして観ましたが、期待外れでした。
というのも、番組に出演されていたのは南京大虐殺に対して「なかった派」の方が大勢を占めていて、いわゆる「あった派」が一人もいなかったからです。
私は両派の白熱した議論を期待していたのに、客観的にみれば「なかった派」の一方的な主張にとどまってしまった。
つまり、議論にならなかったのです。
その理由は、「なかった派」のゲストとして西尾幹二氏が出演されてましたが、「あった派」の有識者に出演を依頼しても誰も出演されなかったそうです。
番組では「あった派」として議論に参加してくれる人がいたら出演して下さい、ということでした。
匿名のメールやFAXならたくさんくるのに、顔を出して実名で出演する人がいないそうです。

地上波でここまでつっこんだ番組を放送したことは画期的と言えるけれど、議論にならなかったのは残念だ。
一言でいうなら、不戦勝。
言っちゃ悪いが、これでは敵前逃亡と同じで、自らその主張の敗北を意味しているのではないのか。
おかしいじゃないか。
私の認識が間違っていなければ、まだ世間では南京大虐殺があったと盲目的に思っている人の方が多いと思う。
あの局とかこの局とか、あの新聞とかこの新聞とか(言わなくても分かるでしょ)、「南京大虐殺」はあったものとして報道しているというのに、議論にならないとはどういうことなんだ。
正々堂々と議論して下さいよ。
あったことはあったこととして、私は知りたいんですよね。
だけど、こんなんじゃ、やっぱりなかったんだ、と思わざるを得ないでしょう。
公の場での議論を避けるやり方は、竹島問題をまともに議論しようとしない韓国と同じ。
やり方が汚いんだよ。

次、このテーマで放送するとしたら「あった派」が議論に参加したときだと思うので、私はそのときを楽しみにしたいと思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-10-18 13:14 | テレビ | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/1191111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from log at 2004-10-18 15:05
タイトル : ブッシュ再選と同時に小泉を政権から引きずり下ろせ
 例の本宮ひろ志の漫画の件、色んなところで報じられるようになってきた。『南京大虐殺「歪曲」本宮ひろ志漫画が抗議受け休載』というZAKZAKの書き方は何となくいやらしい。抗議を受けたから休載? 逆に朝日新聞の記事は見出しも含め、何ともあっさりとしていて拍子抜け。私... more
Commented by adoruk626 at 2004-10-18 15:06 x
こんにちは!
全く同感です。しかも、歴史学者が1人もいない‥‥(笑)。
やるなら徹底的にやって欲しいと思いますね。
それから宮崎哲弥も卑怯です。
以前、福田和也が「南京事件は恥ずべき事実だ」と言った時、
何も反論していないんですよ。
なんか、既に異論が許さなくなってるこの雰囲気は
異常だと思います。右にしても左にしても。
Commented by yuzuruha_neko at 2004-10-18 23:56
こんばんは。
「あった派」のほうが断然多いものだと思っていましたが…
出てきてくれなかったんですか。自信満々「あった」と言えないのかな。
数の大小ではなく殺傷や暴行があったこと自体は事実だと私も思っていますし。
右翼と呼ばれる人達の中でも強硬派と穏健派が対立しているようですが
思想的な所属観念にとらわれず、意見を言いたいし、聞きたいですね。
Commented by k_milliard at 2004-10-19 10:00
adoruk626 さん、こんにちは~

> それから宮崎哲弥も卑怯です。
そんなことがあったんですか。
宮崎氏の思想的な立場がよく分からないんですが、昔は左寄りな人かと思ってましたが今は割と中立的と言っていいんでしょうかね。

> 異論が許さなくなってるこの雰囲気
そうですね。
議論させないっていう状況は異常だし、そうなったらどの組織も終わりですよね。
Commented by k_milliard at 2004-10-19 10:09
yuzuruha_neko さん、こんにちは~

> 「あった派」のほうが断然多いものだと思っていましたが…
ええ、私もそう思ってたし、「なかった派」が不利な議論になるんじゃないかと思っていたのに意外な結果でした。

> 自信満々「あった」と言えないのかな
おそらくそうでしょうね。
中国が主張しているような、数十万規模での大虐殺など証明できない、その表れだと思います。

> 思想的な所属観念にとらわれず、意見を言いたいし、聞きたいですね
そのとおりですね。
とにかく議論してもらいたいし、その内容を見て私たちが自分の頭で考えて評価していかないとダメでしょうね。
Commented by 007 at 2004-12-22 11:46 x
宮崎哲弥氏は宮台真司と対談した時は「つくる会」批判を猛烈に行っていたのに(『M2-われらの時代に-』 朝日新聞社 参照)、番組では西尾幹二氏に反論しなかったですね。どうも彼は時と場によって保守派になったり、リベラルになったりする傾向があるようですよ
Commented by k_milliard at 2004-12-22 12:44
007 さん、こんにちは~
> 「つくる会」批判を猛烈に行っていたのに
そうでしたか
彼の博学ぶりには感心させられることが多いんですが、仰るような傾向があるんですね。
最近、関西の局に出演する機会が多いようですね。
Commented by mumur at 2005-01-12 09:23 x
左派や民族団体の主張と言うのは、論理ではなく力で押し通す類のものだと思います。

ちょっと前に、民団の青年部に電話したことがあります。
ある議員が「教科書に強制連行などの記述が少なくなったのはよい傾向だ」と発言したことに対し、青年部の会長さんがこれを問題視して公開質問状を提出したのです。
青年部のHPにこの記事が載っていたので、青年部に電話して質問をしました。
南京事件もそうですが、従軍慰安婦や強制連行の議論は「あったなかった」の話の前に定義づけが曖昧なんですよ。
そこで、「強制連行についての定義を教えてください」と問いました。

「担当者がいないのでわかりません」
「担当者がいても答える義務が無いのでこたえません」
「私はアルバイトなのでわかりません」

もうね。呆れましたよ。
奴ら、分かってるんですね。捏造だと言うことを。
正確に定義づけをしちゃうと、反対派に徹底的に検証されて嘘が暴かれてしまう。
だから、あえて曖昧にしておいて「お前ら悪いことをしただろ!謝罪しろ」と迫ると。

話になりませんね。
Commented by k_milliard at 2005-01-13 01:17
mumur さん、どもども~
> 正確に定義づけをしちゃうと、反対派に徹底的に検証されて嘘が暴かれてしまう。
なんとなく、そうだろうな~とは思ってましたが・・・
弱者を売り物(売り物じゃないけど)にした手口ですね~。
曖昧なほうが都合がいいんでしょう。
んで、とにかく日本人が悪いという主張をガンガンやって、やってないことまで前提にされて話を進めてしまう。
でも、これからの時代、そんな手口もだんだん通用しなくなるでしょうね。


<< 勘弁してくれよ・・・      怪しい試合 >>