んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 03月 26日

なにが危ないのか

鉄道の駅は、時には危険地帯になりかねない。
大勢の人が集まるだけに、なにが起きてもおかしくない。
朝夕の通勤ラッシュなんか、車両にギュウギュウに押し込められ、それだけで疲れてしまう。
スリ、痴漢、テロ・・・

だが、危険なのはそれだけではない。
非常に日常的な光景だけど、その実とても危険な場面があるのだ。
それは、特に複数の鉄道会社や支線が交差する、いわゆる乗換え駅に多い現象。
一般的には「駆け込み乗車」ということになるけれど、もう少し範疇を広げて「駅で走る」こと自体が危険だ、と思う。

たとえば、電車を乗り換えようとしていて、これから乗ろうとする電車が既にホームに停車していたりする。
たいていの場合、乗りたい電車が遠い位置からでも確認できたりするので、なんとなく走れば間に合うような気がする。
そして走ってしまう。
ところが、構内には同じく乗り換えたり乗り降りする人がいるわけで、駆け込み乗車をしようとするとどうしても他の客が邪魔になってしまう。
だが、間に合うかどうか微妙な状況だから焦っている。
本人はうまく人や物を避けている気になっているが、それが危ない。
シュルダーバッグが当たる、肘鉄食らわす、足を踏む
ぶつかったのが分かっていても、謝るのがいい加減になってそのまま立ち去る。
トラブルの元だ。
それだけじゃない。
ぶつかる物がなくても、足がもつれて勝手に転んでしまうケースもある。
実際この数ヶ月、1ヶ月に1回の割合で駅で転ぶ人を私は目撃している。
これは老人もいたが、若い学生がそうなったのも見た。
広い場所で転んだのならまだいい。
ホームで転んだとしたら、状況によっては生死を決めかねないほど危険だ。

だから、駅で走るのは止めたほうがいいと思う。
どんな理由があっても、例え電車1本乗り遅れて遅刻したとしても、トラブルを未然に防ぐ意味で走ってはいけない。
しかし、駅では「駆け込み乗車は危険」というアナウンスは流れていても、なぜ危険なのかその理由までは語られていないように思う。
「ああ、駆け込み乗車はドアに挟まれそうだし、他の人に迷惑だから止めないとな。
 だけど、遅刻しそうなときには仕方ないよな。」
ぐらいにしか思ってないんじゃないかな。
この「少しくらい」という気持ちこそが一番危ない、と思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-26 14:55 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/103561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「新撰組!」擁護論      「白い巨塔 特別編」 感想 >>