2004年 09月 15日

あっさり死なれては困る

死刑廃止議連が抗議 宅間死刑囚刑を執行 『政治的意図が明白』(東京新聞)
>  大阪教育大付属池田小で起きた校内児童殺傷事件の宅間守死刑囚(40)ら二人の死刑が執
> 行されたことを受け、「死刑廃止を推進する議員連盟」(亀井静香会長)の金田誠一、山花郁夫、
> 辻恵衆院議員(いずれも民主)が十四日、法務省の樋渡利秋事務次官と面会。「内閣改造を控
> え、野沢太三法相の在任期間があとわずかなタイミングでの執行には政治的意図があることは
> 明白だ」とする抗議声明を提出した。

大阪教育大付属池田小で事件が起きた日、私はたまたま仕事で池田にいました。
尋常ではない数のパトカーが目の前を通り過ぎて行くのを見て、「ただごとではない」と思ったのを今でもハッキリ覚えています。

この事件に限らず、死刑については、凶悪な犯罪を犯し死刑が確定した罪人には、出来る限り苦しみながら死んで欲しい、と私は思います。
現在の絞首刑は、聞いた話では、ストーンと床板が開いた後、落下した己の体の重さによって頚椎に損傷をきたし、死ぬそうです。
つまり、運が良ければ呼吸困難で苦しんで死ぬのではなく、ポックリ苦しまずに死んでしまう。
死刑自体が非人権的だと言われればそうなのかもしれませんが、おそらく先進国の死刑は一応人権に配慮して苦しまずに死ねる方法をとっているのではないでしょうか。

死刑の廃止を求める意見があるのは分かるけど、被害者の人権を無視しておいて加害者の人権うんぬん言うのは納得できません。
被害者が受けた苦しみと等しいかそれ以上の苦しみを感じるべきです。
だから、死刑もあっさり死ねる現在のやり方では甘い。
生きながらにして本当の地獄を味わいながら死んでもらいたい。
あだ討ちが廃止された現代、被害者とその家族の無念をはらしてくれるのが法というものではないのでしょうか。
できうれば、その場に被害者の家族も同席して、悶絶する死刑囚の表情の一つでも見させてあげたら少しは気持ちも納まるというものです。

死刑の方法については、日本よりも大陸のほうが残酷らしいですね。
一思いに殺さず、じっくりジワジワと焦らしながら殺す方法もあったみたいです。
殺すのを目的とした拷問でしょう。
例えば・・・と例を挙げようと思いましたけど、書くのもためらうほど残忍なので止めときます。
現代ではそんな方法で死刑は出来ないですけど、心情的にはそれくらいの苦痛を味わってもいいんじゃないかと思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-09-15 11:08 | 寸評


<< 見せられない人間らしさ      子供なら笑い話、大人なら笑い者 >>