んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 10日

成仏できない気持ち

プロ野球のファンを止める、と公言したというのに、なんだかんだと球界の騒動について書いてしまう自分がいます。

球団側と選手会が交渉(団交)しました。
継続して10日にもするそうです。

今日現在に至るまで、オーナーを筆頭にコミッショナーも含めて、球団サイドからこのような騒動になったコトについてファンに「申し訳ない」という類のコメントを聞かなかった。
私は、球界の最大の問題点はそこにあると思っている。
つまり、近鉄とオリックスの合併話が表面化した当初から言われていることではあるが、ファン不在・ファンを無視した球界の態度が一番の問題なのである。
ところが、一連のオーナー会議、および9日の団交後のコメントを聞く限り、心からファンを気遣うコメントは聞かれなかった。
近鉄・オリックスの合併話なんか、まるで稟議書にハンコをポーンと押して「これ、やっといて」みたいな、経営者の理屈だけで「事務的」に進めようとしているその態度。
地元のファンがどういう思いの中でこの騒動を見守っているのか。
オーナー・球団代表・コミッショナーは知らない。
別世界にいるようだ。

近鉄・オリックスの合併話が浮上した際、
「これは経済の問題です」
というようなコトを読売グループのスピーカーのような江川卓氏が言ってました。
たしかに、経営難に陥った近鉄にこれ以上球団を運営する体力が無いのであれば、合併するなり身売りするのは仕方が無い。
近鉄の、いやバッファローズのファンだってそれくらいのことは分かっているに違いない。
頭では分かっていても、ファンだって人間だ。
人間には気持ちっていうものがある。
納得できる説明、球団の真摯な態度、そういうモノをファンは待っているし感じている。
仏教的な言い方をすれば、球団サイドにはそんなファンの気持ちを出来るだけ成仏させてあげる義務があるのではないのか。
このままでは、ファンの気持ちは成仏できないまま浮遊してしまう。

それと、経済の問題だからファンをないがしろにしてもいい、とは言えないだろう。
むしろ、経済の問題だからこそファンを大事にすべきではないのか?
つまり、野球で儲けようと思うのであれば、金を払うファンの気持ちこそ大事にしないといけない。
ファンあってこそのプロ野球。
そんなこと誰だって分かってる。
ところが、分かってなかったのがオーナーであり球団代表だった、というブラックジョークのようなこの現状。
もし分かっていた人がいたのなら、ファンと真正面から対峙し、それなりの発言をしているはずだろう。

つくづく思う。
プロ野球のファンが可哀そうだ。
[PR]

by k_milliard | 2004-09-10 02:08 | 寸評


<< 出来っこない、日本の核武装      真のファンなら立場とか個人の利... >>